CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Penny's Farm
Penny's Farm (JUGEMレビュー »)
Jim Kweskin,Geoff Muldaur
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
アンハーフブリッキング+2
アンハーフブリッキング+2 (JUGEMレビュー »)
フェアポート・コンヴェンション
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Going Back Home
Going Back Home (JUGEMレビュー »)
Wilko Johnson & Roger Daltrey
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Farewell to Eirinn
Farewell to Eirinn (JUGEMレビュー »)
Dolores Keane & John Faulk
RECOMMEND
RECOMMEND
Wood Wilson Carthy
Wood Wilson Carthy (JUGEMレビュー »)
Chris Wood,Roger Wilson,Martin Carthy
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
4
4 (JUGEMレビュー »)
Jamie Mcmenemy
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
アメリカーナ
アメリカーナ (JUGEMレビュー »)
ニール・ヤング・ウィズ・クレイジー・ホース
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Chimes of Freedom: Songs of Bob Dylan
Chimes of Freedom: Songs of Bob Dylan (JUGEMレビュー »)
Chimes of Freedom: Songs of Bob Dylan
RECOMMEND
Promenade
Promenade (JUGEMレビュー »)
Kevin Burke & Micheal O'Domhnaill
RECOMMEND
RECOMMEND
リージ・アンド・リーフ+2
リージ・アンド・リーフ+2 (JUGEMレビュー »)
フェアポート・コンヴェンション
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

OFFICE NOTE

【オフィス・ノート】
北の社労士が思いを馳せる徒然ノート
涼しくなりました!

 盆休中ですが、今仕事してます。今日は朝から曇り空で涼しいので体力的には楽です。先週、6日から8日まで東京に行っていたのですが、暑いのなんのって。連日の35度はさすがに身体に堪えました。それで、8日の夕方新千歳空港に着いたら何と25度だって。「やっぱり北海道はいいや」とつくづく思いましたね。  

 

 そんなわけで、盆休中は仕事、と思っていたのですが、昨日はカミさんに付き合わされて、札幌に買い物に。まあ、単なる荷物持ちなのですが、久しぶりの大丸百貨店は人でごった返していました。日頃お世話になっている方への贈り物などを買い、早々に自宅に戻り、夕食まで読書。通常は仕事関係の本ばかり読んでいるものですから、長編小説などというものは連休中しか読めないのですよ。それで今回は、原田マハ著『たゆたえども沈まず』を読むことにしました。Facebookで紹介してくれたA校長のお勧め本でもあり、3月にスペインのマドリードにあるソフィア王妃芸術センターやビルバオのグッケンハイム美術館でゴッホの作品を数点観ておりましたので、ゴッホの苦難の人生を探りたくなったのです。ちなみに、この本のカバーには、ゴッホの「星月夜」が使われていますが、1971年にアメリカのシンガー・ソング・ライターであるドン・マクリーンが発表した「ヴィンセント」は、この絵にインスパイア―されて作られた曲ですね。詩、メロディとも申し分のない、ドンの傑作の一曲でしょう。  

 

 曲は、BUDDY & JULIE MILLER夫妻の新作から『Breakdown On 20th Ave.South』(2019)です。ジュリーは病気療養中で回復の見通しが立っていないと伝えられていました。そんな状況での新作発表ですから、どのような出来かと心配しながら聴いてしまいました。聴きごたえがありますが、幾分の声の張りがなく、くぐもった感じがしないでもありません。が、しかし、それをカバーするべくバディのギター演奏をはじめとするバンドサウンドは、やはりいつものとおり。うれしいですね。全曲彼女が作詞・作曲を担当していますので、ソングライティング力は衰えてはいないと思います。ジュリーの一日も早い完全復帰を望みたいところですね。

| 日常 | 21:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
暑いのです!

 暑いですねぇ。ただでさえ暑いのに、明後日から東京へ行くことになっております。それでも、こちらの暑さも東京とさして変わらないようなので、あまり気にせず行ってきます。ただ、水分補給は怠りなくですね。  

 

 東京から帰ってきたらお盆休みに入るのですが、相変わらず仕事漬けで休みもままならず、とほほな状態が続きます。なにしろ就業規則の見直し6件、人事評価制度構築中2件、さらに評価制度待機中が2件、その他諸々の案件を抱える身としては、休んでいる場合ではないのです。ただ、非常に興味深い仕事ばかりなので、苦にはなりませんが、もう少し本が読みたい、映画を観たい、音楽を聴きたい、原稿も書きたい、といったことができずにいるものですから、時間が欲しいということなのですね。先週、「文學界」8月号に掲載された村上春樹『ウィズ・ザ・ビートルズ With the Beatles』などを読んでしまうと、「ああ、またハルキが読みたい」というふうになってしまうのですよ。だって、この小説の出だしの12行は、年老いた(元)男の子であれば、誰だってそう感じることがあるのですから。  

 バディ・ミラー夫人、ジュリー・ミラーが病魔に冒され長らく療養中だそうです。回復の見込みが立たない状況のようで心配ですね。二人は新作『Breakdown On 20th Ave』(2019)を出したばかりですが、録音はジュリーの寝室に階下の自宅スタジオから録音機材を運び込んで収録したそうです。映像は、ジュリーが唄う「Broken Things」です。もちろんこの曲の作者は彼女自身です。1999年に発表された彼女のソロアルバム『Broken Things』に収録されています。隣りでギターを弾いているのは、夫であるバディ・ミラーですね。

| 日常 | 21:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
やっぱり仕事。だけど・・・

 今月からロータリークラブの会長を務めていますので、クラブ関係の会議や打合せが多くなっています。昨日も小樽市近郊のホテルで、この地区グループの会長・幹事会議に出席し、今週、来週の土・日は札幌で朝から研修参加と相成ります。仕事が忙しい中での連日研修は結構堪えますね。明日の連休最終日も仕事でニセコに行かねばなりませんが、今週は午前中時間が取れそうなので、一気に遅れている仕事を進めることができそうです。  

 

 そうやって仕事に追い回されている自分は正直、好きではありませんが、受けた以上はやり切らなければなりません。でも、そんなときでも多少の自由時間は取れるもので、午前中は、安原眞琴さんが書いた『東京おいしい老舗散歩』(東海教育研究所)を読んで、昨年に引き続き、次にカミさんと行く東京はどこにしようかと考えたりしていました。これって、とても良い時間ですよね。で、午後からは事務所に向かう途中で、紀伊國屋書店に寄り土門拳著『死ぬことと生きること』(みすず書房)とJ・M・シング著『アラン島』(みすず書房)の2冊をゲット。両方とも新装復刊ですが、みすず書房さん、さすがです。前者は、9月に姉妹クラブである酒田ロータリークラブさんの創立60周年記念式典に出席するため、14年ぶりに酒田へ行くことになっており、その後、土門拳写真美術館を再訪することになっていますので、そのための予習にはもってこいの本ですね。後者は、以前から読みたかった本ですので、仕事の合間を見つけて読み続けたいと思います。願わくば、もう少し本を読む時間が取れると良いのですが、まあ、そのうち何とかなるでしょう。  

 

 曲は、「4月3日(April 3rd)」です。アイルランドの音楽とその歴史、そして、アメリカへ移民していったアイルランド人たちが新世界へ持ち込んだアイリッシュ・ミュージックが、どのような変遷を遂げながら20世紀アメリカのポピュラー・ミュージックの形成に関わっていたかを映像化した『ブリンギング・イット・オール・バック・ホーム(BRINGING IT ALL BACK HOME)』(2003)の冒頭を飾った曲でした。作者は、この曲でブズーキとバウロンを演奏しているドーナル・ラニーですね。他のメンバーは、ナリグ・ケイシー(フィドル)、ローナン・ブラウン(イリアン・パイプ)、U2のジ・エッジ(ギター)などです。今聴いてもカッコいいですね。

| 仕事 | 21:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
頑張れ!

 7月から所属するロータリークラブの会長を務め始めました。2年前に会長の要請を受けたときには、それまで2・3回断り続けてきたものですから、さすがに引き受けざるを得なくなっており、承諾しました。そのため、社労士会や成年後見センターの理事を退任し、身辺整理をして身軽になり、ロータリーの会長職に力を注ぎたいと思っておりました。しかし、予想を遥かに超える事態が起こってしまったのですね。一つは、「働き方改革」で業務多忙に陥ってしまったこと。一つは、農業に関するNPOが徐々に認知度を高め、仕事のオファーが来るようになったこと。嬉しい誤算というほどではないのですが、これらによってロータリークラブの会長職が重荷になってしまったことは否めません。でも、引き受けたからには、全力で突っ走るしかなく、何とかこの1年を乗り越えていきたいと思います。  

 

 ところで、先月6月28日は東京に行き、全国社会保険労務士政治連盟の定期大会に代議員として出席し、午後からは、全国社会保険労務士会連合会の定時総会を傍聴しました。今回の役員改選で、連合会の会長には古くからの友人である大野実氏が選任され、大変嬉しく思っています。しかし、大野会長がこれから取り組まねばならない課題は重いものばかりで、素直におめでとうと言う気にはなれませんね。それでも、敢えて苦難の道を選んだ大野会長の決断力に敬意を表したいと思います。彼ならば本気で取り組んでくれることでしょう。私も本当に微力ですが、協力できることがあればしていきたいと思っております。  

 

 アイルランドのカラン・ケーシーとジョン・ドイルによる「The False Lady」です。二人は、アイリッシュ・アメリカン・グループであるソーラスの元メンバーですが、ぴったりと息が合っていますね。この曲は、アルバム『Exiles Return』(2010)に収録されています。このアルバムのプロデュースはアメリカのオールドタイム・ミュージック界の鬼才ダーク・パウエルです。ベースプレイヤーとしても参加していますが、彼のプロデュースしたアルバムはどれも好きですね。

| 仕事 | 22:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
スペイン行き・7

 3月17日、いよいよ帰国することに。未だ暗い朝7時にホテルで朝食をとり、その後、ビルバオ空港へ。そこからエアーフランスでパリ、ド・ゴール空港へ昼頃に到着。空港で一休みした後、同じくエアーフランス機でソウルの仁川空港へ向かいました。翌朝、8時過ぎに到着し、2時間ほど仁川空港で休み、10時5分発の大韓航空機で千歳に向かい、午後1時近くに到着となりました。長旅でしたが、時差の影響は全くなく、ただただ、日本食が食べたいという欲求だけが募りましたね。  

 

 で、今回の旅行の総括としてはですね、やはり、つくづく感じたのはヨーロッパの歴史の厚みとでもいったものでしょうか。マドリッド、ビルバオ、サンセバスチャン、バイヨンヌ、サン・ジャン・ドリリュス、どの町もランドマークは教会であり、建物は石造りで市民は何代にもわたってその建物に住み続けているといった印象でした。高層ビルといったものは、ビルバオで見かけたくらいで、他はどの町もせいぜい3・4階建ての建物が連なっており、美しい街並を創り出しています。「旧市街」ということからいうと「新市街」といった地区もあるのでしょうが、少なくとも日本のような「ニュータウン」といった味気のない建物が無造作に建てられているというような感じは持ちませんでした。街並の景観条例等で規制がかかっていると思いますが。石の街と木の街、どちらが良いのかは判断出来ませんが、今や日本は無期的で味気ない中途半端な街づくりが横行しているようで、改善の余地は大ありだと思います。  

 

 それと、やはりサンセバスチャンでしょう。美しい風景・街並と美食。世界中から人が集まってくるというのも、その地に足を踏み入れると、それも当然と思えます。ただ、この町がある日突然注目を集めたわけではなく、市民による10年以上にわたる「街づくり戦略」といったものがあったからでしょう。戦略を具体化して行くには、その町に住む人たちの熱意が不可欠なのでしょうが、そういった気負いを感じることなく、人を引き付ける街をつくりあげていったスペイン人、ひいてはヨーロッパ人の底力を感じずにはいられませんでしたね。元気なうちに再度訪れてみたい町となってしまいました。  

 

 曲は、オランダのシンガーであるレオ・コスターが歌う「アメリカン・ドリーマー(AMERICAN DREAMER)」です。彼の新作である『LEO KOSTER SINGS GENE CLARK FULL ALBUM』からの1曲ですが、声もジーン・クラークそっくりで驚いてしまいますね。元々は、ジーン・クラークがデニス・ホッパー主演の映画『The American Dreamer』(1971)に提供した曲の一つなのですが、四十数年後にカバーされるとは感慨深いものがあります。

| 日常 | 17:54 | comments(0) | trackbacks(0) |