CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
アメリカン・パイ(紙ジャケット仕様)
アメリカン・パイ(紙ジャケット仕様) (JUGEMレビュー »)
ドン・マクリーン,ドン・マクリーン
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Penny's Farm
Penny's Farm (JUGEMレビュー »)
Jim Kweskin,Geoff Muldaur
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
アンハーフブリッキング+2
アンハーフブリッキング+2 (JUGEMレビュー »)
フェアポート・コンヴェンション
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Going Back Home
Going Back Home (JUGEMレビュー »)
Wilko Johnson & Roger Daltrey
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Farewell to Eirinn
Farewell to Eirinn (JUGEMレビュー »)
Dolores Keane & John Faulk
RECOMMEND
RECOMMEND
Wood Wilson Carthy
Wood Wilson Carthy (JUGEMレビュー »)
Chris Wood,Roger Wilson,Martin Carthy
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
4
4 (JUGEMレビュー »)
Jamie Mcmenemy
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
アメリカーナ
アメリカーナ (JUGEMレビュー »)
ニール・ヤング・ウィズ・クレイジー・ホース
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Chimes of Freedom: Songs of Bob Dylan
Chimes of Freedom: Songs of Bob Dylan (JUGEMレビュー »)
Chimes of Freedom: Songs of Bob Dylan
RECOMMEND
Promenade
Promenade (JUGEMレビュー »)
Kevin Burke & Micheal O'Domhnaill
RECOMMEND
RECOMMEND
リージ・アンド・リーフ+2
リージ・アンド・リーフ+2 (JUGEMレビュー »)
フェアポート・コンヴェンション
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

OFFICE NOTE

【オフィス・ノート】
北の社労士が思いを馳せる徒然ノート
サプライズ!

 今週も今日で終わり。まあ、色々ありましたが、落ち着いて仕事ができた一週間でした。今週のサプライズは、何と言っても月刊酪農雑誌「デーリィマン」からの原稿執筆依頼でしょうね。1年間の連載で、タイトルは「押さえておきたい雇用の基本」ということらしいです。すでに、「養鶏の友」「養牛の友」「養豚の友」への原稿執筆が始まっているので、1年間並行して別誌に原稿を書き続けるのは結構しんどいのですが、北海道の酪農雑誌でもありますし、NPOのメンバーにとっても勉強になるはずですので受けることにしました。共同執筆ということになるので、近々、皆で各自担当するテーマを割り当てたいと思います。第1回目の原稿締切りが3月12日なので、最初に執筆する会員は大変でしょうが、こういったときに必ず名乗り挙げてくれる、頼りになる社労士K君がいますので、別に心配はしておりません。それにしても、NPOが順調に育っていってくれているのが本当に嬉しいです。私も若い人たちに負けないよう、原稿執筆やセミナー講師に力を入れていきます。  

 

 来週は、各クライアントとの打合せが多く、忙しい週となりそうです。その間、歯の治療もしなければならず、さらに25日に予定されているセミナーの準備もと。そんなわけで、体調管理には十分に気をつけなければなりませんね。どうやら北海道内でもコロナウィルス罹患者が出たようですので、いよいよマスクもしなければいけませんかね。  

 

 曲は、パット・ヘニー(PAT HANEY)が歌う「WAITIN’ ROUND TO DIE」です。1999年1月1日に亡くなったタウンズ・ヴァン・ザント(Townes Van Zandt)のトリビュート・アルバム「POET」(2001)からの1曲ですが、他に、ガイ・クラーク、ナンシー・グリフィス、ジョン・プライン、ルシンダ・ウィリアムス、等々が参加しており、私がよく聴くアルバムです。

| 仕事 | 13:13 | comments(0) | - |
無事終了!

 所属するロータリークラブの60周年記念式典及び祝賀会が無事終了しました。私の主な役割は、挨拶をすることでしたが、型にはまった挨拶を苦手とするものですから、思いっきりスベリっぱなしでした。普段のセミナーでは自由に話をさせていただいているものですから、式典のような場面でつい苦手意識が出てしまうのでしょうね。それと、早く終わりたいという意識が強すぎたようです。式典や祝賀会を楽しむというゆとりがなかったのかもしれません。いずれにしても、記念行事は終わったので、これからは仕事に専念したいと思っています。今月と来月は、年度内に予定されているセミナーの講師を無事に務めることと原稿執筆、この二つがメインテーマとなるでしょう。  

 

 そんなわけで、昨日は午前中に鹿児島ロータリークラブの皆様を宿泊ホテルから見送りし、午後からは自宅で休ませてもらいました。加齢のせいか疲れがなかなか抜けなくて難儀しております。それでも、今日の午後からは事務所に出向き、急を要する仕事だけは終えてしまいたいと思います。あとは自宅でくつろぎ、明日からの仕事に備えるつもりでおります。  

 

 曲は、テリー・アレン(TERRY ALLEN)の新作『JUST LIKE MOBY DICK』(2020)より「Houdini Didn’t Like The Spiritualists」です。アメリカのベテランSSW(76歳)ですが、味わい深い曲が多く、癒されます。今日は、このアルバムを一日中聴きつづける予定です。

| 日常 | 11:12 | comments(0) | - |
「おばんです」

 「おばんです」というのは北海道弁で「こんばんは」という意味です。ところが、私はつい数年前まで。「おばんです」というのは全国共通語だと思っていたのです。そんなわけで、恥ずかしながら、随分と顰蹙を買ったことがあります。    

 

 それで、今回は小樽を代表する居酒屋である「おばんです」さんのことです。このお店は、私が30年来贔屓にしているお店なのですが、昨年、私のわがままで、メニューに「牛レバーの味噌漬け」を加えてもらったのですが、これが旨いのなんのって。新鮮な牛レバーをボイルし、甘めのお味噌に漬けた何も変哲のない料理なのですが、お酒の酒肴としては結構いけるのです。私にとっての「オフクロの味」なのですが、他のお客様に食べていただけているかどうかはわかりません。でも、日本酒には合いますよ。そんなわけで、「おばんです」にお寄りの節は、他の料理ももちろん美味しいですが、「牛レバーの味噌漬け」をご賞味願います!  

 

 明日は、いよいよ所属するロータリークラブの60周年記念式典です。今日は、自分自身のための一人激励会を「おばんです」、「バー・BOTA」でしてきました。まあ、60周年記念式典及び祝賀会を無事に終えられるよう頑張ります!  レコードコレクターズ増刊『COUNTRY MUSIC』は読み応えがありました。

 

 曲は、本の中でも採りあげられている、デルモアブラザーズ(THE DELMORE BROTHERS)の「Blues Stay Away From Me」ですね。この曲をカバーしているのは、エヴァリー・ブラザースで、彼らのリユニオン・コンサートからの映像です。

| 日常 | 21:09 | comments(0) | - |
病を押して?

 3ヵ月に1回、かかりつけの病院で検診を受けています。朝まだ暗い6時に起きて食事をし、車で札幌にある病院へ通っているわけです。なにしろ担当医が小樽の病院から札幌の病院へ移ってしまったため、まあ、「追っかけ」ですな。こうなったらドクターFに命を預けるしかないでしょう。彼は私にとっては「グッド・ドクター」なので、別に不満はありません、今のところ。でも、段々年をとってくると車で札幌に通うのは面倒になるはずなので、そのときがきたら小樽の病院に戻るしかないですね。糖尿の数値も節制(?)の甲斐あって落ち着いていることだし、これからもある程度の仕事を継続していくことができるような気がしているのですが、どうなりますことやら。  

 

 それで、来週の土曜日は、所属しているロータリークラブの創立60周年記念式典が開催されます。たまたま今期会長を仰せつかったものですから、これもお役目と思い、なんとか大事な式典をつつがなく終えたいと思っているところです。そんなこともあり、午後から事務所へ行き、式辞の作成にとりかかりました。まあ、こういった挨拶文はパターンが決まっているのですが、そのなかで、できる限り私なりのロータリーへの想いを綴ることができればと思っています。来賓、地区グループのロータリアンはもとより、遠くは鹿児島、横浜、酒田から大勢のロータリアンがお祝いに駆けつけてくれますので、細やかではありますが出席いただいた皆様の記憶に残る式典・祝賀会にしていきたいところですね。まあ、幾分緊張を強いられる一週間となりますが、何とかなるでしょう。  

 

 曲は、アイルランドの国民的歌うたい、クリスティ・ムーア(Christy Moore)による「The Time has Come」です。映像は、元IRAの闘士であり、北アイルランド自治政府の副主席大臣を務め、カトリック系とプロテスタント系による共同自治の枠組みづくりを進めたマーティン・マクギネス(Martin McGuinness)の葬儀において、クリスティが歌ったものです。マーティン・マクギネスの死(2017年3月)に際し、メイ首相は「彼の初期の人生の選択を大めに見ることはできない」とコメントしていましたが、永い年月にわたってアイルランドやスコットランドを苦しませてきたのは、イングランドではなかったか。イングランドのEU離脱が決まり、イングランドはこれから連合王国の崩壊の危機等、イバラの道を歩むことになるのではないでしょうか。 

| - | 18:28 | comments(0) | - |
講演会

 昨日は、所属するロータリークラブの創立60周年を記念した行事の一環として開催した講演会に参加。講師にお招きしたのは、脳科学者の茂木健一郎さんでした。この日は、センター試験の初日であり、講演は、いきなり偏差値の無意味さをアジテートして始まったのですが、速射砲のごとく続く話は内容・迫力ともに十分でした。「脳は劣等感を覚えると挑戦しなくなる。自分の個性を生かすには、苦手な分野を認識して、時には他人に任せ、お互いに欠点を補い合う姿勢が大切」と彼は言います。長年、仕事を通して色々な人たちとコラボしてきた身でありますので、非常に共感がもてましたね。  

 

 講演会の前の日に開催された農業NPOの打合せの殆どが、依頼された原稿執筆の担当者の割り当てでした。共同執筆の場合、だれが、どのテーマの原稿を書くかを決めることは非常に重要な作業です。それが上手くいき、思い通りの原稿が集まり、一冊の本としてまとめられると、読者へ思考や行動を駆動させることができるのではないかと思っています。もちろん、集まった原稿をもとにした緻密な編集作業があってのことではありますが。そういった作業もまた個々の仲間の脳を活性化させることにつながり、各自のキャリアを形成していくものではないでしょうか。3月号から1年間、日本畜産振興会が発行する『養鶏の友』、『養豚の友』、『養牛の友』誌に私たちの原稿が掲載されることになります。テーマは主に「人事・労務管理分野とその周辺業務について」となりますが、多くの農業経営者の皆様に読んでいただき、多少なりとも農業経営の一助となることができれば、私たちの使命は達せられることになります。また、一年後、私たちがどれくらい成長しているのか、想像するのも楽しみであり、モチーベーションの維持につながるのではないかと思っているところです。  

 

 曲は、アメリカン・ルーツ・ミュージック界の才媛リアノン・ギデンス(Rhiannon Giddens)が歌う「At The Purchser’s Option」です。珍しくダーク・パウェル(Dirk Pawell)がリードギターを担当していますね。アルバム『Freedom Highway』(2017)に収録されていますが、ダーク・パウェルはプロデュースを担当し、ベース・ギターでも参加していました。eTownからのライブ映像ですが、うた、演奏ともに聴かせます。これからも、リアノン・ギデンスとダーク・パウェルの動向から目が離せませんね。

| 日常 | 20:06 | comments(0) | - |