CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Penny's Farm
Penny's Farm (JUGEMレビュー »)
Jim Kweskin,Geoff Muldaur
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
アンハーフブリッキング+2
アンハーフブリッキング+2 (JUGEMレビュー »)
フェアポート・コンヴェンション
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Going Back Home
Going Back Home (JUGEMレビュー »)
Wilko Johnson & Roger Daltrey
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Farewell to Eirinn
Farewell to Eirinn (JUGEMレビュー »)
Dolores Keane & John Faulk
RECOMMEND
RECOMMEND
Wood Wilson Carthy
Wood Wilson Carthy (JUGEMレビュー »)
Chris Wood,Roger Wilson,Martin Carthy
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
4
4 (JUGEMレビュー »)
Jamie Mcmenemy
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
アメリカーナ
アメリカーナ (JUGEMレビュー »)
ニール・ヤング・ウィズ・クレイジー・ホース
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Chimes of Freedom: Songs of Bob Dylan
Chimes of Freedom: Songs of Bob Dylan (JUGEMレビュー »)
Chimes of Freedom: Songs of Bob Dylan
RECOMMEND
Promenade
Promenade (JUGEMレビュー »)
Kevin Burke & Micheal O'Domhnaill
RECOMMEND
RECOMMEND
リージ・アンド・リーフ+2
リージ・アンド・リーフ+2 (JUGEMレビュー »)
フェアポート・コンヴェンション
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

OFFICE NOTE

【オフィス・ノート】
北の社労士が思いを馳せる徒然ノート
やっぱり仕事。だけど・・・

 今月からロータリークラブの会長を務めていますので、クラブ関係の会議や打合せが多くなっています。昨日も小樽市近郊のホテルで、この地区グループの会長・幹事会議に出席し、今週、来週の土・日は札幌で朝から研修参加と相成ります。仕事が忙しい中での連日研修は結構堪えますね。明日の連休最終日も仕事でニセコに行かねばなりませんが、今週は午前中時間が取れそうなので、一気に遅れている仕事を進めることができそうです。  

 

 そうやって仕事に追い回されている自分は正直、好きではありませんが、受けた以上はやり切らなければなりません。でも、そんなときでも多少の自由時間は取れるもので、午前中は、安原眞琴さんが書いた『東京おいしい老舗散歩』(東海教育研究所)を読んで、昨年に引き続き、次にカミさんと行く東京はどこにしようかと考えたりしていました。これって、とても良い時間ですよね。で、午後からは事務所に向かう途中で、紀伊國屋書店に寄り土門拳著『死ぬことと生きること』(みすず書房)とJ・M・シング著『アラン島』(みすず書房)の2冊をゲット。両方とも新装復刊ですが、みすず書房さん、さすがです。前者は、9月に姉妹クラブである酒田ロータリークラブさんの創立60周年記念式典に出席するため、14年ぶりに酒田へ行くことになっており、その後、土門拳写真美術館を再訪することになっていますので、そのための予習にはもってこいの本ですね。後者は、以前から読みたかった本ですので、仕事の合間を見つけて読み続けたいと思います。願わくば、もう少し本を読む時間が取れると良いのですが、まあ、そのうち何とかなるでしょう。  

 

 曲は、「4月3日(April 3rd)」です。アイルランドの音楽とその歴史、そして、アメリカへ移民していったアイルランド人たちが新世界へ持ち込んだアイリッシュ・ミュージックが、どのような変遷を遂げながら20世紀アメリカのポピュラー・ミュージックの形成に関わっていたかを映像化した『ブリンギング・イット・オール・バック・ホーム(BRINGING IT ALL BACK HOME)』(2003)の冒頭を飾った曲でした。作者は、この曲でブズーキとバウロンを演奏しているドーナル・ラニーですね。他のメンバーは、ナリグ・ケイシー(フィドル)、ローナン・ブラウン(イリアン・パイプ)、U2のジ・エッジ(ギター)などです。今聴いてもカッコいいですね。

| 仕事 | 21:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
頑張れ!

 7月から所属するロータリークラブの会長を務め始めました。2年前に会長の要請を受けたときには、それまで2・3回断り続けてきたものですから、さすがに引き受けざるを得なくなっており、承諾しました。そのため、社労士会や成年後見センターの理事を退任し、身辺整理をして身軽になり、ロータリーの会長職に力を注ぎたいと思っておりました。しかし、予想を遥かに超える事態が起こってしまったのですね。一つは、「働き方改革」で業務多忙に陥ってしまったこと。一つは、農業に関するNPOが徐々に認知度を高め、仕事のオファーが来るようになったこと。嬉しい誤算というほどではないのですが、これらによってロータリークラブの会長職が重荷になってしまったことは否めません。でも、引き受けたからには、全力で突っ走るしかなく、何とかこの1年を乗り越えていきたいと思います。  

 

 ところで、先月6月28日は東京に行き、全国社会保険労務士政治連盟の定期大会に代議員として出席し、午後からは、全国社会保険労務士会連合会の定時総会を傍聴しました。今回の役員改選で、連合会の会長には古くからの友人である大野実氏が選任され、大変嬉しく思っています。しかし、大野会長がこれから取り組まねばならない課題は重いものばかりで、素直におめでとうと言う気にはなれませんね。それでも、敢えて苦難の道を選んだ大野会長の決断力に敬意を表したいと思います。彼ならば本気で取り組んでくれることでしょう。私も本当に微力ですが、協力できることがあればしていきたいと思っております。  

 

 アイルランドのカラン・ケーシーとジョン・ドイルによる「The False Lady」です。二人は、アイリッシュ・アメリカン・グループであるソーラスの元メンバーですが、ぴったりと息が合っていますね。この曲は、アルバム『Exiles Return』(2010)に収録されています。このアルバムのプロデュースはアメリカのオールドタイム・ミュージック界の鬼才ダーク・パウエルです。ベースプレイヤーとしても参加していますが、彼のプロデュースしたアルバムはどれも好きですね。

| 仕事 | 22:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
やるしかない!

 相変わらず忙しい日々が続いています。私が担当しているのは、「働き方改革」に関する仕事が殆どですが、そんなことの合間にも仕事のオファーが入ってきます。なにぶん、断れない質なものですから、クライアントの切羽詰まった顔を見ると「何とかしてあげなきゃ」と思ってしまうのです。そんなわけで、朝10時には事務所に向かい仕事をして、午後3時には4時から開催されるロータリークラブ新旧会長・幹事会議に出席するため、余市に行ってきました。先ほど余市から戻ってきて、少しばかり仕事をして帰宅したところです。まあ、明日もありますので、無理しない方がよいと判断し、明日は終日、目一杯仕事をすることになるでしょうね。  

 

 来週は、月曜の朝から倶知安町に行き、中小企業家同友会の障がい者雇用委員会「しごとプラス」の会議に出席。翌日は、北広島市で開催されるマイナビ「北海道スマート農業SUMMIT」を見学し、さらに13日は夕方の飛行機で中標津町に行き、翌日10時30分からお昼まで、北海道ひがし農業共済組合さんに依頼され、講師を務めることになっています。タイトなスケジュールですが、やるしかありません!

| 仕事 | 21:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
酪農経営塾

 土曜日ですが、事務所で仕事をしています。ニューカントリー誌から依頼されている原稿執筆が最後のところで止まっているからですが、締め切りが迫っているのでやらねばなりません。  

 

 そんなことをしているうちに、私が今年2月に講師をさせていただいた北海道立農業大学校から農業経営塾の報告レポートが送られてきました。私が関わったのは「酪農経営管理者コース」で、講師を務めた「酪農経営における組織管理」についてのアンケート結果と、コース全体のアンケート結果が示されていました。前者についての感想や意見は、具体的な事例を通しての人事マネジメント、人事評価制度、従業員との情報共有・目標共有、等々について取り組みへの動機づけが図られたということで、概ね好評であったことはわかり、安心しました。今後は、参加者同士による意見交換や実践的な組織管理を学ぶ機会がもっと欲しいということなので、関係者とともに更に内容を充実させていくことができればと思っています。後者については、北海道における初めての試みだったこともあり、そもそも農業経営塾自体の評価はいかがなものだったのかを知りたかったのですが、若い酪農経営者・後継者の皆さんからの評価が上々だったことが分かり、これもまた安心しました。3期9日間、一緒に学ぶことができた皆さんにとっても、新たな繋がりが出来たでしょうし、こういった関係は一生続くものですから大切にして欲しいと思いますね。  

 

 この事業は2019年度も行われるようですから、私も講師依頼があればさらにパワーアップした内容でお話しできるよう、準備していきたいと思います。  

 

 曲は、フランスを代表するトラッド・ミュージシャンであるアラン・スティーヴェルによる「Suite Irlandaise/The King of the fairies」です。1972年と随分若い頃の映像ですが、聴かせます。

| 仕事 | 14:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
一週間

 相変わらずの一週間でした。4日夕方からロータリークラブ次期3役と打合せ。5日は午後から札幌で第3期「酪農経営塾」のスタートとして、「酪農経営における組織管理」と題し、講師をさせていただきました。私の講演に合わせたように、北海道新聞朝刊に「大か小か 酪農の岐路」と題した連載が始まりましたので、その記事を枕にして2時間ばかりお話しをさせていただいたということになります。私としては、極力、教科書的な話は避け、現に取り組んでいる酪農場の組織改革事例をもとに、かなり熱のこもった話をさせていただいたつもりです。果たして聞いていただいた若手酪農家の皆さんの行動・学びを駆動させることができたのか、期待しているところですが、それは後日アンケート調査結果が出ると思うので、待ちたいと思います。  

 

 その後、昨日(8日)は、札幌の某所で7月に発刊予定の「ニューカントリー」2019年夏期臨時増刊号「働きやすい農場づくり」のための打合せを行ないました。NPO法人オルタナティブ・アグリサポート・プロジェクトのI社労士、K社労士と編集者との打合せは2時間程度を終了しましたが、その後は私を含めた社労士3人で、事前にNPOメンバーから寄せられた質問項目を整理。50問程度の質問にまとめ、Q&A形式で各自指定されたテーマにもとづき原稿を執筆していくことになります。どのような増刊号になるのか、いまから楽しみにしておりますが、まずは締め切り日までに良い原稿を書くことが必要でしょうね。  

 

 打合せ終了後は、場所を札幌駅中のレストランに移し、ビール等を飲みながら歓談し、ほろ酔い加減で小樽駅に戻りました。本来ならば、そのまま帰宅ということになるのですが、まあ、例によってBOTAに寄り、「竹鶴25年」を味わい、その余韻を残して帰宅ということになりました。近々、「竹鶴35年」を飲む機会があるのですが、おそらく一生に一度きりのことでしょうから、この連休中は、しっかり仕事しておき、臨もうと思っています。  

 

 曲は、「Meet On The Ledge」です。歌うのは、この曲の作者でもあるリチャード・トンプソンですね。彼の十代の頃に作った曲ですが、いまでも人気がある曲です。リチャードの書く詩は内省的でペシミスティックな傾向があるのですが、既に十代からそうなのでしたね。

| 仕事 | 17:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
今後の予定など

 先週は、仕事始めの7日から午前中は自宅で仕事をしてきました。2月5日に札幌で行なわれる「酪農経営塾」第3クールでの講師を依頼されていたものですから、そのためのセミナー・レジメを一気に作り上げるためでしたが、何とか、ほぼ出来あげることができたようです。私に与えられた研修テーマは「酪農経営における組織管理」というもの。それも、教科書的な知識ではなく、実際に取り組んでいる事例をもとに話をして欲しいという主催者側の要請ですので、それに沿った形の話をすることになります。まあ、現在進行している酪農経営支援業務について、現状把握、問題点抽出、改善提案に基づいた計画・実行、そして、その間に生じた新たな問題への対処方法等々、リアルな話を受講者に聞いていただくことにより、今後の酪農経営に活かしていただけたらと思っています。  

 

 そして、もう一つの重要案件である「学校改革」です。昨日の北海道新聞朝刊には、「教員の残業代ゼロ、法改正踏み込まず」と題し、公立校教員の長時間労働是正や教員の「残業代ゼロ」の根拠となっている教職員給与特別措置法(給特法)の見直しについて、中教審特別部会は財源の問題から踏み込まなかったようですが、いつまでも現状のまま問題を先延ばししていってよいのですかね。私が関与している私立高校は、昨年10月に36協定を労基署に届出しました。それによって結構な残業代が発生するわけですが、そもそも給特法は公立校教員に適用されるもので、私立学校には適用されないものですから、いままでずっと公務員準拠という私立学校の都合で行なってきた対応は限界を迎えてきているといえるでしょう。北海道内の私立高校は五十数校あると思いますが、現在36協定を届出ている学校は5校に満たないのでは。さあ、どうする。本当の学校改革はこれから始まるといっていいでしょう。今年は機会があれば、私立学校を対象とした「学校改革・働き方改革」セミナーを開催したいと思っています。学校現場でのリアルな事例はばっちり押さえていますので、興味を持っていただけると思っているのですが・・・。  

 

 曲は、シェルビー・リン(Shelby Lynne)による「Just a little lovin’」です。元々は、1960年代にイングランドのダスティ・スプリングフィールドが歌っていたのですが、人気のある曲らしく、バーバラ・ストライサンド、カーメン・マクレー、サラ・ヴォーンらによってカヴァーされてきました。でも、このシェルビー・リンが歌うカヴァーが最も好きですね。彼女が2008年に発表したダスティ・スプリングフィールドのトリビュート・アルバムでもある『JUST A LITTLE LOVIN’』に収録されています。まあ、ピーター・バラカンさん一押しのアルバムでもありますね。

| 仕事 | 12:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
札幌から小樽へ

 昨日は、午後から札幌へ出向き、NPOの例会に参加。7月に農業専門誌「ニューカントリー」別冊として出版される「農業における人事労務管理」についての原稿執筆について、事前打合せをしました。120頁程の分量を予定されていますが、限られた紙面にどのようなテーマを盛り込んでいくか、日頃の農業への関わりから農業現場の人に関わる疑問等を適切に網羅した本にしたいと思っています。  

 

 例会終了後は、札幌駅近くの居酒屋で新年会を開催。初めて稚内から参加してくれた会員もおりましたので、情報交換を含め、出版に向けての細かな打合せができたことは、最先よいスタートといえるでしょう。  

 

 新年会終了後は、ひとり小樽へ戻り、バーBOTAへ直行。いきなりDEANSTON Vintage 2006を進められて飲んだら、これがまたすごいのなんのって。アルコール度数64%ですから、口に含み体内に染み渡るにしたがって至福の状態が訪れるのですね。辛口の感じですが、シェリーの香りが仄かに体内に充満していく様は・・・。まあ、飲んでみなはれ!次に飲んだREMARKABLE REGIONAL MALTS WITH A TWISTも美味しかったのですが、DEANSTONの後では少々印象が薄くなってしまいましたね。飲む順番が逆だったかもしれません。いずれにしても、BOTAさんはウィスキー好きの聖地となってしまったかもしれませんね。  

 

 そんなわけで、1月26日に予定されている第3回「ケルト音楽を聴く会」を終えましたら、4回目からはBOTAさんを会場にして「ケルト音楽とウィスキーを語る会」に名称を改め、再スタートをしたいと思っています。  

 

 曲はスペインのカルロス・ヌニェス(Carlos Nu’nez)が演奏する「An Dro」です。彼はガイタと呼ばれるガリシアのバグパイプスの名手ですが、リコーダーやオカリナの名手でもあります。まあ、スペインにおけるケルト・ミュージックの第一人者といえるでしょう。アイルランドのチーフタンズとの共演などでお馴染みですね。

| 仕事 | 12:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
上京してきました!

 先週4日(火)から7日(金)まで全国社会保険労務士会連合会が主催する社労士法制定50周年記念式典等に参加するため上京していました。式典は無事終了したのですが、7日午後の便で羽田を発ったところ、雪の影響で千歳空港に着陸することができず、羽田に戻り、一泊することに。そんなわけで、昨日、午後の飛行機でやっと帰樽することができました。いっそのこと、最初から欠航にしてくれた方がよかったような気がします。千歳まで行って、さらに羽田に戻るというのは結構疲れますね。羽田に戻っても、その後、飛行機の振替手続で1時間以上待たされ、さらに宿泊ホテルの予約と、高齢者には疲れるのよね。ハイ!  

 

 さて、記念式典ですが、全国社会保険労務士会連合会最高顧問である大槻哲也氏による「50年の感謝〜源流から大河へ〜」と題した講演の後、天皇皇后両陛下御臨席のもと行なわれました。その後行なわれたシンポジウム「日本の未来づくりと社労士の役割〜人を大切にする社会を目指して〜」では、大西建造全国社会保険労務士会連合会会長をはじめ、5名のパネリストにより議論が展開されました。活発な議論展開ではありましたが、若手パネラーである株式会社タニタの谷田社長と日経CNBC経済解説委員の崔 真淑氏と他のパネリストとの間で、若干議論がかみ合わない点が窺われましたね。まあ、谷田社長のオルタナティブな発想に既存の労働法規がついていけていない点もあるのですが、そこのところをきちんと踏まえた上での議論がなされていればよかったのではと思っているところです。いずれにしても、パネルディスカッションとしては、多少物足りなさは残ったものの、バランスのとれた内容だったと思います。  

 式典にはパーティがつきものですね。4日は帝国ホテルでの記念祝賀会、5日は記念式典後の懇親会と続き、6日は大学の後輩と渋谷にある台湾料理の「麗饗」で飲み、7日はさらに品川でひとり飲みと相成り、まあ、身体には良くないですなぁ。そんなわけで、昨日からアルコールを断ち続けているのですが、今週末には忘年会が2回予定されているので、ほんの束の間ということになるでしょう。  

 

 曲は、作者であるヴァン・モリソンが自ら歌う「聖ドミニクの予言(St Dominic’s Preview)」です。アイルランドのティナジー(TNaG)局が企画したテレビ番組「スルト(SULT)」からの映像ですが、これがまた素晴らしい。一緒に演奏しているのは、プロデューサーでもあるドーナル・ラニー(ブズーキ)ほか、アイルランドを代表するミュージシャンですね。なお、この曲は、『sult〜悦びの響宴(spirit of the music)』(1993)に収録されています。

| 仕事 | 13:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
大阪は暖かかった

 先週木曜日からSRアップ21全国大会に参加するため大阪へ行き、昨晩小樽に戻ってきました。大阪は暖かく、そのうえ食べ物は美味しいときていますから、案の定、食べ過ぎ・飲み過ぎになってしまい、胃もたれ状態が続いています。今週は、3ヵ月に1回のドクター検診があるのですが、こんなことで良いのかしらね。  

 

 今回の大会は、創立25周年ということでもあり、総会終了後、記念事業として全国社会保険労務士会連合会副会長である若林正清氏による「社会保険労務士制度50周年“その先に見えるもの”」と題する講演をいただきました。その後、パネルディスカッション「これから社労士が目指す方向とは?」が行なわれ、パネラーの一人として議論に参加させていただきました。私に与えられたテーマは、「我々が新たに目指す方向(企業の価値創造支援について)」と「新たなビジネス創造(農業への取り組みなど)」でしたが、何分にも限られた時間内でお話しするには、あまりにも重いテーマであるため、思うような話もできず、幾分舌足らずな説明結果に終わってしまったようです。まあ、機会があればもう少し突っ込んだ話ができると思いますので、それは今後の課題としてとっておきたいと思います。  

 

 そんなわけで、今は自宅でノンビリと過ごしていますが、明日は早朝より車で本別町にある北海道立農業大学校へ行ってきます。今年度から北海道でも行なわれるようになった「農業経営塾」のうち、「酪農経営塾」の第2期講座を視察させていただきます。まあ、来年2月に札幌で行なわれる第3期講座の講師を依頼されているため、事前にその雰囲気に慣れておこうと行った目的なのですが、新たな出会いもあるかもしれませんので、楽しみにしているところです。

 

 曲は、シェルヴィ・リン&アリソン・ムーアによる「Not Dark Yet」です。美人姉妹によるこの曲の解釈・歌唱は胸を打つものがあります。プライベートでショッキングな出来事を共有する二人ですが、どのような思いをこの曲に込めて歌っているのか、考えてしまいます。なお、この曲の作者はボブ・ディランですね。かれのアルバム『TIME OUT OF MIND』(1997年)に収録されています。

| 仕事 | 14:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
発会式終了!

 今週は日曜日(10月28日)にカミさんと共にアルテピアッツァ美唄を再訪し、我路ファミリー公園や炭鉱メモリアル森林公園を見学してきました。産業遺産と現代彫刻の出会いはたいそう刺激的でした。まあ、いつ熊が出てもおかしくない場所ですが、ご一緒したO本社労士夫妻が熊よけで両手をパンパンと叩かれたのには驚きましたけどね。  

 

 翌日は、札幌で新たに発足させたNPO法人オルタナティブ・アグリサポート・プロジェクトの発会式に参加。出席された方は、メンバーを含め35人程でしたが、内容的にも良い式であったと思っています。これも忙しい中、熱心に準備に取り組んでいただいた仲間のおかげですが、この気持ちを忘れずに今後の農業支援活動に取り組んでいきたいと思います。  

 

 それと、発会式の後に講演いただいた札幌新陽高等学校のA井校長先生にも感謝申し上げます。顧問先のよしみで忙しい中、お願いしたわけですが、講演内容が素晴らしく、参加された皆さんが異口同音に先生のお話しを讃ええていたことが印象的でした。まあ、依頼した当方としても、大変満足しましたし、一緒に学校改革に関わっていく上で、現在及び将来に向けての新陽高校の取り組みをかいま見ることができましたので、これからの活動に活かしていくつもりです。  

 

 来週は、日経新聞が当NPO法人の活動について取材したいという要請がありましたので、早々に仲間とともにお会いし、我々の目指すべき方向等についてお話ししたいと思っています。その後、8日からは大阪で開催されるSRアップ21全国大会に参加し、パネルディスカッションのパネラーの一人として、お話しさせていただくことになります。どういった展開になるのか、今から楽しみにしているところです。  

 

 10月24日にトニー・ジョー・ホワイト(Tony Joe White)が亡くなったそうです。死因は、心臓発作ということで、享年75歳でした。彼の冥福を心よりお祈りします。トニー・ジョーといえば、スワンプ・ロックですよね。SSWでもありますが、彼のギター演奏に魅かれます。代表作「ポーク・サラダ・アニー(Polk Salad Annie)」はエルヴィス・プレスリーにカヴァーされ大ヒットしましたし、「雨のジョージア(Rainy Night In Georgia )」はブルック・ベントンのカヴァーでヒットしました。もちろん、彼自身もこれらの曲を歌っていますし、どちらかというと私は彼が歌った方が好きでした。で、映像は、トニー・ジョーとシェルビィ・リン(Shelby Lynne)による「CAN’T GO BACK HOME」です。この曲は彼ら二人の共作でしょう。アルバム『THE HEROINES』(2004年)に収録されていますが、良い曲ですよ。

| 仕事 | 13:00 | comments(0) | trackbacks(0) |