CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Penny's Farm
Penny's Farm (JUGEMレビュー »)
Jim Kweskin,Geoff Muldaur
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
アンハーフブリッキング+2
アンハーフブリッキング+2 (JUGEMレビュー »)
フェアポート・コンヴェンション
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Going Back Home
Going Back Home (JUGEMレビュー »)
Wilko Johnson & Roger Daltrey
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Farewell to Eirinn
Farewell to Eirinn (JUGEMレビュー »)
Dolores Keane & John Faulk
RECOMMEND
RECOMMEND
Wood Wilson Carthy
Wood Wilson Carthy (JUGEMレビュー »)
Chris Wood,Roger Wilson,Martin Carthy
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
4
4 (JUGEMレビュー »)
Jamie Mcmenemy
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
アメリカーナ
アメリカーナ (JUGEMレビュー »)
ニール・ヤング・ウィズ・クレイジー・ホース
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Chimes of Freedom: Songs of Bob Dylan
Chimes of Freedom: Songs of Bob Dylan (JUGEMレビュー »)
Chimes of Freedom: Songs of Bob Dylan
RECOMMEND
Promenade
Promenade (JUGEMレビュー »)
Kevin Burke & Micheal O'Domhnaill
RECOMMEND
RECOMMEND
リージ・アンド・リーフ+2
リージ・アンド・リーフ+2 (JUGEMレビュー »)
フェアポート・コンヴェンション
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

OFFICE NOTE

【オフィス・ノート】
北の社労士が思いを馳せる徒然ノート
スペイン行き・2

 翌日(11日)は、午後3時50分発のビルバオ行きの飛行機に乗るまで時間があったので、午前中、ソフィア王妃芸術センターとプラド美術館に行き、絵画鑑賞ということになりました。圧巻は、何といってもソフィア王妃芸術センターで観たピカソの「ゲルニカ」(1937年)でした。縦3メートル49センチ、横7メートル77センチ、モノクロームで描かれた巨大なこの絵の前に立っていると、その迫力に圧倒され、思わず目眩がしてその場に倒れ臥してしまいそうでした。いままで随分と絵画を観てきましたが、これほど観る者に戦争の悲惨さを訴えかけ、思考を強いる作品に出会ったことはありませんでした。スペイン市民戦争に介入したナチスドイツやイタリア軍が、スペイン・バスク地方にあるゲルニカの無差別爆撃した出来事を主題とした作品としてあまりにも有名ですが、展覧会場には多勢の子供たちが訪れており、先生の話を熱心に聞いているのが印象的でした。この子供たちがゲルニカで命をおとした子供たちのようにならないことを切に願いましたね。  

 

 次に訪れたのが、センターのすぐ向かい側にあるプラド美術館でした。世界の名画がこれでもかというくらい展示されているものですから、とても半日では足りません。エル・グレコ、ヴェラスケス、ブリューゲル、デューラー、ルーベンス、レンブラント、ゴヤ、などの作品に混じって、何と、私の大好きなボス(ヒエロニムス・ボス:ルネッサンス期のネーデルランドの画家。スペインのフェリペ2世がボスの熱烈な愛好者であり、そのためプラド美術館に彼の多くの作品が所蔵されているそうです。)の「快楽の園」があるではないですか。若い頃、澁澤龍彦の本で、ボスのことを知り、その後買い求めた画集で目にしてきた作品が目の前にある。その日が来るまで50年近くかかったことになります。それも偶然に!やはり人気のある作品のようで、絵の前の人だかりは多かったですが、しっかりと鑑賞してきました。  

 

 で、午前中は世界の名画の洗礼を受け、その作品群の圧倒的な存在感に打たれ、意識朦朧としながらマドリッドの飛行場に向かったのでした。いよいよビルバオ経由でサンセバスチャンを目指します。  

 

 ※Macの調子が悪く、動画の貼り付けが出来なくなってしまいました。修理が終わるまで音   楽映像はお休みし

  ます。トホホ・・・・。

| 日常 | 11:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
スペイン行き・1

 3月9日から10日間スペインへ行ってきました。旅立つ前は、あまりにも仕事が忙しく、事前の詳しい旅程も殆ど知らないまま。同行させていただいた小樽商大R教授ご夫妻の指示に従い、我々夫婦は、ただついていくだけで精一杯でしたね。ホント、こんな二人によくぞスペイン行きの声をかけていただきました。感謝、感謝です。  

 

 一応、旅のテーマは「食」ということで、R教授はその関係でアジアをはじめとして世界中を飛び回っていらっしゃるし、私は「農業」への関わりが強まっていたので、ヨーロッパの農業国であるスペイン、フランスへの旅は有意義なものでしたね。教授ご夫妻には良い機会を与えていただき本当に感謝しています。  

 

 旅の成果は今後少しずつアップしていくとして、最初に辿り着いたのはマドリードでした。新千歳空港から韓国ソウルの仁川(インチョン)空港まで行き、ソウルでトランジット泊し、翌日午前11時過ぎの飛行機でマドリードへ。着いたのは現地時間で夕方5時頃なので(時差が8時間あるため。)、計13時間ほど飛行に乗っていたことになります。まあ、長いといえば長いのですが、映画を観たり本を読んだりしているうちに着いたという感じで、そんなに苦痛ではありませんでした。  

 

 ホテルにチェックインした後は、早速、ピカソの「ゲルニカ」鑑賞のため、ソフィア王妃芸術センターへ出かけたのですが、既に閉館されており翌日回しに。そんなこともあり、早速、スペインの食を堪能すべく街中をぶらつき、広場にあるレストランのテラスで夕食をとりました。たまたまその日の夜は暖かく、屋外で食べるタコのカルパッチョ、イベリコ豚のステーキ・ハム、ヤギのチーズはビールやワインにぴったり合い、旅の疲れを癒してくれました。その晩はぐっすり眠り、これから先の旅行への体力温存の力になりましたね。

| 日常 | 20:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
第8期「オタルまちかど大学」

 暖かい日が続いています。このまま一足飛びに春が来るのではと、錯覚に陥るようですね。まあ、一二度彼岸荒れがあるのでしょうが、日も長くなり春はすぐそこまでやって来ていることは確かなようです。  

 

 さて、遅くなりましたが、今年度の第8期「オタルまちかど大学」の開催案内をします。今回は、3月21日と3月30日の2日間で全3回の開講となります。第1回は、『学校づくりは地域づくり〜経営が傾く学校をV字回復〜』と題し、札幌新陽高校の荒井優校長が担当されます。第2回は、定番の『話し方教室Vol.4〜プロのアナウンサーが教える、人前で上手に話すコツ〜』。講師はフリー・アナウンサーの石橋八千代さんです。第3回目も定番の『AIを暮らしにどのように活かすか〜AIについて、やさしくお伝えします』で、講師は新倉屋システム蠅凌形卆技絢卍垢務めます。開講日時。場所等及び参加申込みについては、螢ー・プラン内、NPO法人小樽ソーシャルネットワーク事務局(☎︎0134−29−1003)までお問い合わせください。  

 

 今回の目玉企画は、なんといっても札幌新陽高校の荒井優校長の講演です。札幌新陽高校の2016年の入学者は、学年定員280人に対し、わずか155人。いつ潰れてもおかしくない私立高校の校長に就任すると、わずか1年で322人にV字増加させて立て直しを図りました。前職は、ソフトバンクの社長室勤務。孫正義社長が東日本大震災の復興支援で寄付した100億円を管理する役目を担い実力を発揮。福島県立高校の立ち上げでは、低所得家庭も支えられる教育のあり方を自問するようになったとのこと。教育関係者はもとより、組織づくり、地域づくりに関心のある方におすすめです。  

 

 曲は、スコットランドの若き歌姫、クレア・ハスティングス(Claire Hastings)による「Fair Weather Beggar」です。彼女の新作『Those Who Roam』からの一曲ですが、好感が持てますね。アルバムは旅をテーマにしたコンセプトになっているらしいのですが、どのような選曲になっているのか、楽しみです。

| 日常 | 09:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
3クラブ合同例会

 昨日は夕方から市内のホテルに出向き、ロータリー創立記念「小樽3クラブ合同例会」に参加してきました。今年の例会担当は、私が所属する小樽南ロータリークラブでしたので、例会後の懇親会では、次期会長として閉会の挨拶をさせていただきました。  

 

 今回の例会の目玉企画は、当クラブと小樽ロータリークラブが支援をしている、「小樽こどものポエムコンクール」の最優秀賞・特別賞の作品紹介でした。各部門の受賞者(小学生4名、中学生2名)が各々自ら詩を朗読し、または音読を披露してくれましたが、本当に素晴らしかったですね。現在、子供たちにとっては非常に生きづらい社会となってしまっている感がある中、彼らだけではなく、他の子供たちを含めて健全に育つための環境づくりをロータリアンとしてこれからも継続して進めていかなければならないと、強く思いました。それは、参加された全てのロータリーの仲間が思ったはずです。子供たちの未来を少しでも明るい方向に持っていけるよう支援していくことは、我々大人の役割でしょう。  

 

 さて、今週は、就業規則業務にどっぷり浸かりそうです。火曜日は中小企業家同友会主催の「就業規則見直し」研修会で講師を務めます。4月からの改正労基法への対応や、これを機会に規程の見直しを図っていただくための研修となりますが、中小企業も年度末を迎え、やっと重い腰を上げ始めたようですね。さらに、翌日水曜日は札幌へ出向き、私立高校の就業規則見直しのための第2回打合せです。これは、年度内に結構な量の規程類をチェックし、見直しを図るものなので、大変な業務になりますが、やるしかないですね。その他、数社の就業規則見直しをしなければならず、次年度は、ほぼそういった業務に費やされることになるでしょう。  

 

 曲は、マルフォード・ミリガンとサウザン・エーセス(MALFORD MILLIGAN & SOUTHERN ACES)による「Feel Like Going Home」です。いやぁ、実にわたし好みの曲ですねぇ。サウザン・エーセスは、オランダのグループだそうですが、よい味を出しています。この曲の作者は、チャーリー・リッチだと思いますが、こんな良い曲を書いていたのですね。

| 日常 | 11:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
暖気かな?

 小樽は多少寒さが緩み、平年並みの気温となったようです。とはいってもマイナス0度前後なのですがね。そんな陽気のせいか、自宅の下にある船見坂は外国人観光客で賑わっています。彼らは思い思いのポーズで写真を撮ったり、真冬にも関わらずスケスケのウェディングドレスを着て撮ったりと、まあ、微笑ましいと言えばそうなのですが、車道の真ん中で撮影する人が多く、本当に事故でも起きたらどうするのと、多少心配になってきますね。急な坂道なので車がスピードを出すことはないのですが、皆がそうとは限らないので注意して欲しいものです。船見坂は、映画『ラブレター』(岩井俊二監督:1995年)で3番目くらいのシーンで出てきます。主人公の藤井樹の家に向かう途中という設定になっているのですが、彼女が住んでいた家は、小樽郊外の銭函の御前水にありましたので、あくまでも映画上の設定ということなのでしょう。残念ながらロケで使われたその家は10年くらい前に火事で焼失してしまいましたが、雰囲気のある実に良い家でした。  

 

 曲は、フレッド・ニールが歌う「I’ve got a secret」です。フレッド・ニールと言えば、映画「真夜中のカーボーイ」でニルソンが歌った「うわさの男(Evrybody’s Talkin’)」の作者として有名ですが、他にも「The Dolphins」や「人生の裏側(The Other Side of This Life)」といった優れた曲をいっぱい書いていますね。2007年に亡くなっていますが、彼に影響を受けたミュージシャンは、ボブ・ディランやデヴィッド・クロスビーなどいっぱいいます。

| 日常 | 12:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
ぐずぐずしてます。

 吹雪の日が続いたかと思えば暖気の日が続いたりして、変な気候ですよね。地球温暖化の影響なのかしら?そんなこともあり、冬場の体調管理には非常に気を使います。幸い今まで一度もインフルエンザに罹患したことはないし、風邪も5・6年に一度程度しか引きません。しかしながら、冬の寒さは堪えます。まあ、昔から冬は仕事で忙しいということでやってきたものですから、身体に緊張感が宿っているからでしょう。その分、寒さが緩む春に若干体調を崩すことがあるのですがね。  

 

 これから自宅で仕事をするつもりなのですが、机に座ってぐずぐずしてます。目の前にある『映画芸術』466号は、恒例の「2018年日本映画ベスト&ワースト」の特集を組んでいるのですが、やはり気になるのは、「笠原和夫日記ぁ廚任垢諭この日記を読むために定期購読しているようなものですから。若いときからひとさまの日記を読むのが好きで、荷風の「断腸亭日乗」や吉岡実の「うまやはし日記」などが印象に残っています。が、「笠原和夫日記」も読ませますね。どういった点が・・・、と言われても困るのですが、まあ、読んでみなはれ。  

 

 曲は、バーバラ・キース(Barbara Keith)が歌う「デトロイトorバッファロー(Detroit or Buffalo)」(1971)です。彼女は、どちらかというと地味な人ですが、実に良い曲を書きます。このアルバムのすごいところは、当時の一流セッションマンが参加していることでしょうか。ジム・ケルトナー、クレッグ・ダーギー、スプーナー・オールダム、ローエル・ジョージ、りー・スカラー、ダニー・クーチ、とまあ、キャロル・キング人脈が多いと思いますけど、隠れた名盤だと思います。なお、この曲は、ニール・カサール(Neal Casal)がカバーしてます。彼の「デトロイトorバッファロー」も良いですよ。

| 日常 | 12:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
やれやれなのです。

 いやぁ、年のせいなのですかね。ここ数ヶ月に作成したセミナーレジメや調査報告書といった大事なデータを不注意で、すべて消してしまいました。何度か復元を試みたのですが、ダメでした。通常は、しっかりバックアップをとるのですが、何故か今回は気合いを入れすぎたのか、そこまでの対応ができていませんでした。やれやれ…  

 

 そんなわけで、「酪農経営塾」のレジメは、すべて作り直すことに。昨日から資料を見直しながら作り直しているのですが、これもさらに良いセミナーとするための試練だと思い、前向きに取り組んでいます。昨日、事務所で半分ほどできましたので、まあ、今日と明日で何とか作り終えると思います。それ以外にも、大事な某酪農場の「エンゲージメント調査報告書」も再生しなければなりません。ただ、この報告書は、プリントアウトしていましたので、そんなに時間はかからないでしょう。  

 

 で、若干気持ちを取り直して、昨日午後6時からの在樽社労士の新年会に参加したわけです。あいにく朝から吹雪でドタキャンが多く、参加者は7名と例年と比べて少なくなってしまいました。それでも気も合った仲間との飲み会でしたから、私も多少は気持ちが晴れましたね。その後は、いつものバーBOTAへ直行。TOBERMORY Vintage 2006とインドのウィスキーPAUL JOHN Whiskyを飲ませてもらいました。特に前者は絶品でしたね。前回飲んだDEANSTONに比べてシェリーの香りが強いように感じましたけど、それもまた良いのですよ。

 

 曲は、シエラ・ハル(Sierra Hull)が歌う「ブラック・リバー(Black River)」です。彼女はまだ二十代後半と若いのですが、マンドリン・プレイヤーやシンガーとして素晴らしい才能の持ち主でしょうね。eTown webisodeは相変わらず良いミュージシャンを採りあげています。 

| 日常 | 11:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
明日からまた・・・

 まあ、そんなわけで新しい年を迎えたわけですが、今年は大事な年になりそうです。一つは、7月から所属するロータリークラブの会長を務めなければならないことでしょうか。既に副会長、幹事の内諾は得ているのですが、過去における幹事経験上、4月中には年間計画(事業及び財務)をたて終わり、計画に沿ったシュミレーションをある程度試みた上で、7月を迎える必要があるでしょうね。それと、私の担当期にはクラブ創立60周年記念行事があり、その準備も怠りなくしていかなくてはなりません。会員の皆さまの協力を得ながら何とか役割を全うしていきたいと思っているところです。  

 

 本業の方では昨年を通して5年後、10年後を見据えた種まき作業をしてきました。未だ考えていることの半分もできていないのですが、農業については最先の良いスタートができそうです。ただ、一事務所として関与するのは難しいので、昨年立ち上げたNPOのメンバーとともに対応していくことになります。それにしても農業は奥が深いです。ここ数年の間、農業関係の本を読みあさっていますが、ただ読むだけではなく実際に業務を通じて農業の現場で起こっていることを念頭に置きながら読むことにより、理解を深めようと思っているところです。  

 

 また、他の業種についても、徐々に関わりを深めていこうとしているところですが、同業者といかに異なった(オルタナティブな)視点からアプローチできるのか、考えていくだけでワクワクしますね。まあ、着々と準備はしていますので、その成果は少しずつではありますが具体化させていくことができるでしょう。  

 

 明日からまた仕事が始まります。その準備も兼ねて事務所に出かけたのですが、火の気がないせいか、いくらストーブを燃やしても暖まりません。手が冷たく暖まらないのでは仕事をする気も失せてしまいますので、早々と事務所を後にし、帰宅と相成りました。途中、紀伊國屋書店に寄りましたら、『東京百年物語』(ロバート・キャンベル、十重田裕一、宗像和重/編:岩波文庫)がありましたのでゲット。購買理由は、稲垣足穂の「有楽町の思想」が採りあげられていたから。『東京百年物語』は、明治維新から高度経済成長期までの間に生まれた文学作品を通して、東京の百年を追体験するアンソロジーとして、すでに Ν△出ておりますが、なかなか面白い企画だと思いますね。東京大好き人間にとっては願ってもない贈り物となるでしょう。これから仕事関係本を読む合間に少しずつ読み進めていきたいと思います。

 

 曲はノラ・ジョーンズが歌う「Will you still love me tomorrow」です。作者はキャロル・キング&ジェリー・ゴフィン。1960年にシュレルスでヒットしましたが、なんといってもキャロル・キングのファーストアルバム『つづれおり(TAPESTRY)』(1971)で彼女自身がセルフカヴァーしたヴァージョンが有名ですよね。でも、ノラ・ジョーンズのも良いですよ。

| 日常 | 17:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
おめでとうございます。

 新しい年を迎えました。今年もきっと、あっという間に終わるのでしょうけど、充実にした一年にしたいものです。まあ、今年は古希を迎えることになるので、向こう10年を見据えた事務所経営を行なっていく上でも、大事な年、決断を迫られる年となることでしょう。  

 

 この歳になると、できれば気の合った人たちと仕事をしたいと切に思うようになりますね。では、どういった人とは一緒に仕事をしたくないかというと、‖仔世任靴動かない人、⊆綣圓紡个垢襪い燭錣蝓η枸犬できない人、K[Гすべてだと思っている人、ぁWHAT」の人ではないひと、等々といったことになりましょうか。まあ、ほかにも色々ありますけどね。  

 

 今年のお正月は、年末に息子殿がインフルエンザに罹ったりして、例年と違う静かで穏やかなときを過ごすことになったようです。そんなこともあって、自宅でじっくり奥泉 光さんの『雪の階』を読んでいます。600頁近い分量があるのですが、すでに半分読み終えましたので、明日には読了することになると思います。非常に読み応えのある小説で、読み始めると時間を忘れてしまいますね。三島由紀夫の『豊饒の海』を想起させるのですが、読み終えた後にどのような感慨が残るのか、楽しみにしたいと思います。  

 

 まあ、私のお正月はこの小説を読むことで終わり、その後はまた、仕事関係の本を集中的に読むことになるので、今から気合いが入っています。昨日、市内の書店で買い求めてきた本を含めて、きっちり目をとおし、これから10年の経営戦略構築の糧としたいと思います。  

 

 アイルランドのフォーク・トラッド・シンガー、カラン・ケーシー(KARAN CASEY)のニューアルバム『Hieroglyphs That Tell The Tale』からの1曲「Down in the Glen」を採りあげました。いまやアイリッシュ・フォーク界で第一人者となった感のあるカランですが、益々円熟味が増してきたようです。

| 日常 | 13:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
もういくつ寝ると・・・

 今年も後わずかですね。とはいっても当事務所は決算が10月なものですから、今月中に確定申告を済ませないとお正月が来ないのです。ただでさえ忙しいのに、年末に申告業務をしなければならないのは結構大変です。まあ、普段から記帳しておけば別にどうということはないのでしょうが、それができるくらいなら苦労しませんよね。  

 

 12月8日に東京から帰って来たのですが、それから今日まで忙しかったです。札幌行き、別海町行き、忘年会、カミさんの検査入院、等々、業務及び雑用に追われ、予定していた仕事は捗らず、この分では年末年始も事務所に通わなくてはならないかも。せめて、お正月くらいは自宅でゆっくり本を読みたいのですが、どうなることやら。目の前には、奥泉光著『雪の階』(中央公論新社)、があるのですが、決算が終わるまではお預けということになりますね。  

 

 曲は、シェルビー・リンが歌う「Tell Me I’m Crazy」です。彼女は歌うまいわ。彼女が歌うこの曲を聴くと、なぜかパッツィ・クライン(Patsy Cline)を思い出すのですが、カントリーだけではなく、フォークやロックも歌うマルチ・シンガーですからシェルビーの方が今風なのかもしれませんね。

| 日常 | 22:03 | comments(0) | trackbacks(0) |