CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Penny's Farm
Penny's Farm (JUGEMレビュー »)
Jim Kweskin,Geoff Muldaur
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
アンハーフブリッキング+2
アンハーフブリッキング+2 (JUGEMレビュー »)
フェアポート・コンヴェンション
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Going Back Home
Going Back Home (JUGEMレビュー »)
Wilko Johnson & Roger Daltrey
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Farewell to Eirinn
Farewell to Eirinn (JUGEMレビュー »)
Dolores Keane & John Faulk
RECOMMEND
RECOMMEND
Wood Wilson Carthy
Wood Wilson Carthy (JUGEMレビュー »)
Chris Wood,Roger Wilson,Martin Carthy
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
4
4 (JUGEMレビュー »)
Jamie Mcmenemy
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
アメリカーナ
アメリカーナ (JUGEMレビュー »)
ニール・ヤング・ウィズ・クレイジー・ホース
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Chimes of Freedom: Songs of Bob Dylan
Chimes of Freedom: Songs of Bob Dylan (JUGEMレビュー »)
Chimes of Freedom: Songs of Bob Dylan
RECOMMEND
Promenade
Promenade (JUGEMレビュー »)
Kevin Burke & Micheal O'Domhnaill
RECOMMEND
RECOMMEND
リージ・アンド・リーフ+2
リージ・アンド・リーフ+2 (JUGEMレビュー »)
フェアポート・コンヴェンション
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

OFFICE NOTE

【オフィス・ノート】
北の社労士が思いを馳せる徒然ノート
<< 労働条件審査 | main | 第挟「労働塾」 >>
新たな発見
大学生時代の思い出といえば、映画好きだったせいか東京都内の名画座によく通ったことや、神田の古本屋街をよく訪ねたことか。そんなこともあって、東京という街に少しずつ興味が湧いてきたのだが、決定的だったのは司馬遼太郎の「街道をゆく」シリーズ36『本所深川散歩・神田界隈』や37『本郷界隈』を読んでからである。ちょうど40歳を過ぎたころであるから、20年以上も前のことだ。
 
以来、東京に関する本を読み続けてきたのだが、著者としては圧倒的に川本三郎が多い。川本三郎は、文藝評論家として、映画評論家として、著作が多く、ジャンルは多岐にわたる。若いころに読んで印象に残っているのは、今回映画化された『マイ・バック・ページ』かな。その前に、『同時代を生きる「気分」』(1977)を読んでいるので、二十歳代後半からの付き合いになるか。そして今日まで20冊くらい彼の本を読んでいることになる。初期の作品は、どちらかというと文藝・映画評論をよく読んでいる。その後は今日にいたるまで、どちらかというと「散歩」ものが多い。それと、『いまも、君を想う』(新潮社)には泣かされました。

で、今日読み終えたのは『それぞれの東京−昭和の町に生きた作家たち−』(淡交社)。これが実によい。2009年に出た『きのふの東京、けふの東京』(平凡社)の続編のような気がしないでもないが、ファンとしてはどうでもいいことだ。川本三郎の本を読むと、私にとっていつも新たな発見に恵まれることが多い。今回は、木山捷平。名前は聞いたことがあるが、どのような小説を書くのかよくわからなかった。川本によると、青春小説の対極にある大人の文学であるとのこと。青春の煩悶とも恋愛の修羅とも無縁。世の中を早々に降りてしまったような世捨人の平穏があり、子ども時代からいっぺんに老境に入ってしまったような俗気の抜けたところがある。寡欲恬淡としたユーモアがあると。読まねばなるまい!
| 趣味 | 20:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 20:01 | - | - |









http://officenote.jugem.jp/trackback/507