CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Penny's Farm
Penny's Farm (JUGEMレビュー »)
Jim Kweskin,Geoff Muldaur
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
アンハーフブリッキング+2
アンハーフブリッキング+2 (JUGEMレビュー »)
フェアポート・コンヴェンション
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Going Back Home
Going Back Home (JUGEMレビュー »)
Wilko Johnson & Roger Daltrey
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Farewell to Eirinn
Farewell to Eirinn (JUGEMレビュー »)
Dolores Keane & John Faulk
RECOMMEND
RECOMMEND
Wood Wilson Carthy
Wood Wilson Carthy (JUGEMレビュー »)
Chris Wood,Roger Wilson,Martin Carthy
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
4
4 (JUGEMレビュー »)
Jamie Mcmenemy
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
アメリカーナ
アメリカーナ (JUGEMレビュー »)
ニール・ヤング・ウィズ・クレイジー・ホース
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Chimes of Freedom: Songs of Bob Dylan
Chimes of Freedom: Songs of Bob Dylan (JUGEMレビュー »)
Chimes of Freedom: Songs of Bob Dylan
RECOMMEND
Promenade
Promenade (JUGEMレビュー »)
Kevin Burke & Micheal O'Domhnaill
RECOMMEND
RECOMMEND
リージ・アンド・リーフ+2
リージ・アンド・リーフ+2 (JUGEMレビュー »)
フェアポート・コンヴェンション
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

OFFICE NOTE

【オフィス・ノート】
北の社労士が思いを馳せる徒然ノート
<< ガーデニング | main | 暑いです! >>
小沼監督
例年お盆休みには、それまでに気になっていた本を読むことにしているのですが、今回は小沼勝著『わが人生わが日活ロマンポルノ』(国書刊行会)である。小沼勝氏は、神代辰巳、曾根中生、田中登と並んで日活ロマンポルノを代表する映画監督である。小樽生まれで中学2年生までこの地に暮らした。てっきり私の母校である小樽潮陵高校の先輩かと思ったのですが、そうではなかったようである。ただ、父親が小樽中学(現小樽潮陵高校)の数学の教師をしていた関係で、名付け親は当時の校長先生であったという。

子供のころから映画好きであった私は、当然のごとく日活アクション映画の影響を受けている。赤木圭一郎(裕次郎ではないのよね)、芦川いずみ、宍戸錠、原田芳雄は今でも私のヒーロー、ヒロインである。そんな延長線上で、ロマンポルノに興味がなかったといったら嘘になるだろう。ただ、映画館に入るのは勇気がいりましたけどね。でも、神代辰巳や藤田敏八の作品は、ポルノというより一般映画と同じ感覚で観ました。神代辰巳監督『四畳半襖の裏張り』(原作:永井荷風)は、今でも強烈に印象に残っていますし、よい作品だったと思っています。

小沼監督については、当時から名前は存じておりましたが作品を観たことはなかったですね。本でも触れていましたが、四方田犬彦氏が第11回伊藤整文学賞受賞(『モロッコ流謫』)挨拶で、「戦後の日本映画史にあって、小樽は三人の重要な映画人を輩出してきた。水の江滝子と小林正樹、それに小沼勝である」と言ったそうである。ただ、その現場(小樽グランドホテル)に私も居たのですが記憶がないのです。いずれにしても、四方田氏にそう言わせた小沼監督は、やはり日本映画界にとってリスペクトに値する監督なのでしょう(世界的評価も高まっているようですし。)。今度、機会があったら是非、小沼監督の作品を観てみたいもです。
| 趣味 | 21:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 21:19 | - | - |









http://officenote.jugem.jp/trackback/581