CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
アメリカン・パイ(紙ジャケット仕様)
アメリカン・パイ(紙ジャケット仕様) (JUGEMレビュー »)
ドン・マクリーン,ドン・マクリーン
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Penny's Farm
Penny's Farm (JUGEMレビュー »)
Jim Kweskin,Geoff Muldaur
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
アンハーフブリッキング+2
アンハーフブリッキング+2 (JUGEMレビュー »)
フェアポート・コンヴェンション
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Going Back Home
Going Back Home (JUGEMレビュー »)
Wilko Johnson & Roger Daltrey
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Farewell to Eirinn
Farewell to Eirinn (JUGEMレビュー »)
Dolores Keane & John Faulk
RECOMMEND
RECOMMEND
Wood Wilson Carthy
Wood Wilson Carthy (JUGEMレビュー »)
Chris Wood,Roger Wilson,Martin Carthy
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
4
4 (JUGEMレビュー »)
Jamie Mcmenemy
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
アメリカーナ
アメリカーナ (JUGEMレビュー »)
ニール・ヤング・ウィズ・クレイジー・ホース
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Chimes of Freedom: Songs of Bob Dylan
Chimes of Freedom: Songs of Bob Dylan (JUGEMレビュー »)
Chimes of Freedom: Songs of Bob Dylan
RECOMMEND
Promenade
Promenade (JUGEMレビュー »)
Kevin Burke & Micheal O'Domhnaill
RECOMMEND
RECOMMEND
リージ・アンド・リーフ+2
リージ・アンド・リーフ+2 (JUGEMレビュー »)
フェアポート・コンヴェンション
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

OFFICE NOTE

【オフィス・ノート】
北の社労士が思いを馳せる徒然ノート
<< 第1回オタルまちかど大学終了! | main | 再び「まちかど大学」 >>
デビュー50周年
10月5日がビートルズデビューから50年ということで、この7・8・9日の休み中はTV各局がビートルズ特集を企画していた。そんなわけで、朝からBSやWOWOWで彼らを観続けていた。1962年10月5日といえば、私は中学1年生であった。それで、初めてビートルズの演奏を映像で観たのは中学2年生のこと。曲は「抱きしめたい」。当時はMTVやYOUTUBEなどというものはありませんから、本当に衝撃的でしたね。あのとき、私の身体に電流が走ったのは確かなことで、未だにその電流がかすかに私の体中に残っていることを、何か事あるごとに感じることができるのです。もっとも、そのとき以来、勉学は急激に下降線をたどることになるのですが、60歳を過ぎてしまえば、そんなことはどうでもよいことなのだ。

中学3年の冬休みにお年玉で『WITH THE BEATLES』を買い、受験勉強そっちのけで聴き続け、さらに高校入試の10日前に映画『ビートルズがやって来るヤァ!ヤァ!ヤァ!』をおばさんに連れて行ってもらったりと、まるで受験生らしからぬ生活を送っていたのであるが、それでも人生何とかなるものです。

和久井光司さんによると、「ビートルズの音楽は、アイルランド移民の子孫である彼らの血の中にある“ケルト性”と、20世紀のポピュラー音楽の方向性を決定づけた“アメリカに根づいた黒人音楽”が理想的な形で融合されたものだ」(『ビートルズ』講談社選書メチエ201)という。リンゴ・スター以外はアイリッシュ系であり、彼らの音楽からアイリッシュネスを感じることはよくあることだ。まあ、よく言われるのは「エリナ・リグビー(Eleanor Rigby)」をはじめとするポールの楽曲によく表れていることか。それと、例えば「ゴールデン・スランバース(Golden Slumbers)」は、アイリッシュ・トラッドではないのだろうが、エリザベス一世時代の子守歌であり、ポールがそれを自由に利用したらしい。原曲と思われる歌は、Randal Bays&Daithi Sprouleが『Overland』(Foxglove FG0250CD)で採りあげています。ダヒー・スプロール(アイリッシュ・グループ、アルタンのメンバーでもあります。)の歌が感動的です。

ビートルズの曲はどれもみな好きですが、ジョージ・ハリソンの曲は魅かれるものがあります。「Don’t Bother Me」は初期の曲ですね。
| トラッド | 19:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 19:54 | - | - |









トラックバック機能は終了しました。