CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Penny's Farm
Penny's Farm (JUGEMレビュー »)
Jim Kweskin,Geoff Muldaur
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
アンハーフブリッキング+2
アンハーフブリッキング+2 (JUGEMレビュー »)
フェアポート・コンヴェンション
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Going Back Home
Going Back Home (JUGEMレビュー »)
Wilko Johnson & Roger Daltrey
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Farewell to Eirinn
Farewell to Eirinn (JUGEMレビュー »)
Dolores Keane & John Faulk
RECOMMEND
RECOMMEND
Wood Wilson Carthy
Wood Wilson Carthy (JUGEMレビュー »)
Chris Wood,Roger Wilson,Martin Carthy
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
4
4 (JUGEMレビュー »)
Jamie Mcmenemy
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
アメリカーナ
アメリカーナ (JUGEMレビュー »)
ニール・ヤング・ウィズ・クレイジー・ホース
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Chimes of Freedom: Songs of Bob Dylan
Chimes of Freedom: Songs of Bob Dylan (JUGEMレビュー »)
Chimes of Freedom: Songs of Bob Dylan
RECOMMEND
Promenade
Promenade (JUGEMレビュー »)
Kevin Burke & Micheal O'Domhnaill
RECOMMEND
RECOMMEND
リージ・アンド・リーフ+2
リージ・アンド・リーフ+2 (JUGEMレビュー »)
フェアポート・コンヴェンション
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

OFFICE NOTE

【オフィス・ノート】
北の社労士が思いを馳せる徒然ノート
<< 忙中閑あり | main | 忙しい、そして暑い >>
ジス・イズ再開
昨日(22日)の北海道新聞夕刊コラム欄『まど』にうれしい記事が載っていました。釧路の老舗ジャズ喫茶「ジス・イズ」が「ジス・イズEST(エスト)」と店名を改め、波田野さんという方により再開されるという。ESTはイタリア語で「東」の意味とのこと。闘病中の元店主、小林東さんにちなんでということらしい。

再開の理由は、常連客のジャズファンのほかに障害や病気を抱えた人たちも日々通っていたようで、その人たちが閉店以来、行き場を失い自宅にこもっているという話を聞いた波田野さんが、「よりどころを守るのも福祉ではないか」と悩んだ末、障がい者が働くジャズ喫茶として店を受け継ぐことにしたとのこと。いかにも社会福祉の先進都市である釧路らしいと、思わずうれしくなってしまいましたね。

仕事柄、障がい者雇用問題に関わっているものですから、波田野さんには障がい者みなさんとともに是非お店の経営に尽力していただきたいと思います。学生時代、帰省の折によく通っていたジャズ喫茶なので、再開していただけるだけも感謝ですね。今度、釧路に行くことがあれば是非寄らせていただきます。

私が通っていた当時でも頻繁にかかっていたと思われるマイルス・デイビスの傑作アルバム『カインド・オブ・ブルー(Kind of Blue)』より「ソー・ホワット(So What)」ですね。マイルスの傑作というよりは、モダン・ジャズの最高傑作といってもいいでしょう。
| 趣味 | 17:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 17:18 | - | - |









http://officenote.jugem.jp/trackback/623