CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Penny's Farm
Penny's Farm (JUGEMレビュー »)
Jim Kweskin,Geoff Muldaur
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
アンハーフブリッキング+2
アンハーフブリッキング+2 (JUGEMレビュー »)
フェアポート・コンヴェンション
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Going Back Home
Going Back Home (JUGEMレビュー »)
Wilko Johnson & Roger Daltrey
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Farewell to Eirinn
Farewell to Eirinn (JUGEMレビュー »)
Dolores Keane & John Faulk
RECOMMEND
RECOMMEND
Wood Wilson Carthy
Wood Wilson Carthy (JUGEMレビュー »)
Chris Wood,Roger Wilson,Martin Carthy
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
4
4 (JUGEMレビュー »)
Jamie Mcmenemy
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
アメリカーナ
アメリカーナ (JUGEMレビュー »)
ニール・ヤング・ウィズ・クレイジー・ホース
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Chimes of Freedom: Songs of Bob Dylan
Chimes of Freedom: Songs of Bob Dylan (JUGEMレビュー »)
Chimes of Freedom: Songs of Bob Dylan
RECOMMEND
Promenade
Promenade (JUGEMレビュー »)
Kevin Burke & Micheal O'Domhnaill
RECOMMEND
RECOMMEND
リージ・アンド・リーフ+2
リージ・アンド・リーフ+2 (JUGEMレビュー »)
フェアポート・コンヴェンション
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

OFFICE NOTE

【オフィス・ノート】
北の社労士が思いを馳せる徒然ノート
<< 今日も快晴 | main | 一息ついたかな? >>
J.J.ケイル氏
昨日は、旧知のMちゃんが奈良から遊びに来たので、気心の知れた人たちがお昼に藪半の2階に集まり、お土産の奈良の地酒を飲みながら旧交を温める。Mちゃんも、環境を変えたせいか、大分回復基調にあるようだ。この夏、北海道に遊びに来たのも、小樽出身の山口一郎君率いるサカナクションのライブを観るためとか。いや、本当にけっこうなことです。

私はといえば、宴の途中に抜け出して、小樽潮祭り会場に向かう。中小企業家同友会しりべし・小樽支部が主催する「どうゆうマルシェ」の手伝いをするということで、ほろ酔い加減で行ったところ、会場は人で溢れ、お手伝いの人もそれなりにいたようなので帰宅し、明日の勉強会の準備をする。小樽の経営者の勉強会だそうで、およそ10年振りで年金の話をすることになり、若干、緊張気味なのであります。まあ、在職老齢年金を中心にお話しすることになるので、そんなに心配はしていないのですがね。

そのなことで、昨日は酒の酔いが覚めたころからそれなりにお勉強をしたのであります。で、今朝、朝食後、小尾さんのブログをのぞいたら、何と、J.J.ケイル氏が亡くなったという。死因は心不全、享年74歳とのこと。残念です。そして寂しいです。小尾さんのブログを読みながら思わず涙してしまいました。キャリアの割に寡作な人でしたが、発表したアルバムはどれもいぶし銀の味わいを持っていましたね。心からご冥福をお祈りします。

J.J.ケイル初期(1971)の映像ですね。曲は「アフター・ミッドナイト」。「コカイン」と並ぶJ.J.ケイルの代表曲でしょう。いずれの曲もエリック・クラプトンのカバーでお馴染みです。パートナーのクリスティン・レイクランドさんもJJに寄り添って演奏しています。彼女の悲しみを思うと胸が痛みます。
| 日常 | 11:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 11:44 | - | - |









http://officenote.jugem.jp/trackback/627