CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Penny's Farm
Penny's Farm (JUGEMレビュー »)
Jim Kweskin,Geoff Muldaur
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
アンハーフブリッキング+2
アンハーフブリッキング+2 (JUGEMレビュー »)
フェアポート・コンヴェンション
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Going Back Home
Going Back Home (JUGEMレビュー »)
Wilko Johnson & Roger Daltrey
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Farewell to Eirinn
Farewell to Eirinn (JUGEMレビュー »)
Dolores Keane & John Faulk
RECOMMEND
RECOMMEND
Wood Wilson Carthy
Wood Wilson Carthy (JUGEMレビュー »)
Chris Wood,Roger Wilson,Martin Carthy
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
4
4 (JUGEMレビュー »)
Jamie Mcmenemy
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
アメリカーナ
アメリカーナ (JUGEMレビュー »)
ニール・ヤング・ウィズ・クレイジー・ホース
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Chimes of Freedom: Songs of Bob Dylan
Chimes of Freedom: Songs of Bob Dylan (JUGEMレビュー »)
Chimes of Freedom: Songs of Bob Dylan
RECOMMEND
Promenade
Promenade (JUGEMレビュー »)
Kevin Burke & Micheal O'Domhnaill
RECOMMEND
RECOMMEND
リージ・アンド・リーフ+2
リージ・アンド・リーフ+2 (JUGEMレビュー »)
フェアポート・コンヴェンション
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

OFFICE NOTE

【オフィス・ノート】
北の社労士が思いを馳せる徒然ノート
<< 今日から2月 | main | 福島行き >>
3月です
寒さと雪で覆われた2月も終わり、3月に入りました。どことなく日差しも春めいてきたし、寒さも緩んできたと感じられるせいか、気持ちが弾んできますね。加齢とともに寒さが身に堪えてきて閉口しましたが、とにかく鬼門の2月を乗り越えましたので、あとは春に向かって前進あるのみでしょう。

そんな、寒さに耐えつつ、この冬は、仕事以外では、もっぱら小津安二郎関連の本を読み続けてきました。昨年は、小津生誕110年/没後50年を記念して、秋ころから小津関連の本が出版されはじめたようですね。ユリイカ11月臨時増刊号『総特集 小津安二郎−生誕110年/没後50年』(青土社)、『小津安二郎と「東京物語」』(貴田 庄:ちくま文庫)、『小津ありき』(田中眞澄:清流出版)、『「東京物語」と小津安二郎』(梶村啓二:平凡社新書)、『銀幕の恋 田中絹代と小津安二郎』(大場建治:晶文社)、『小津安二郎への旅』(伊良子 序:河出書房新社)等々から、ブルータス(767号)では「小津の入り口」と題し、特集をしておりました。

まあ、仕事の合間を縫っての読書ですから、遅々として進まないのですが、ゆっくり楽しみながら読んでいます。それでも『銀幕の恋…』と『小津安二郎への旅』は未読ですので、今週と来週の東京・福島出張に持参し、読み終えてしまいたいと思っています。目次に目を通した限りでは、両書ともとても面白そうですから。それと、田中絹代さんと小樽出身の映画監督小林正樹氏(旧制小樽中学卒)は遠い親戚(又従弟)とのことですから、彼女にもどことなく親近感を感じることができます。もっとも、以前読んだ新藤兼人『小説 田中絹代』によると、壮絶な映画人生を送られた方ようで、小津監督との関係(もちろん映画製作の範囲内でのことですが)はどのようなものだったのか、興味深いものがあります。

曲は、ニール・ヤングによる「風は激しく(Four Strong Winds)」(『COMES A TIME』に収録)ですね。1960年代中期、カナダのフォーク・デュオ、イアンとシルヴィアがヒットさせました。今ではニール・ヤングのカヴァーの方が有名になっているのではないかしら。
| 日常 | 21:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 21:41 | - | - |









http://officenote.jugem.jp/trackback/651