CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Penny's Farm
Penny's Farm (JUGEMレビュー »)
Jim Kweskin,Geoff Muldaur
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
アンハーフブリッキング+2
アンハーフブリッキング+2 (JUGEMレビュー »)
フェアポート・コンヴェンション
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Going Back Home
Going Back Home (JUGEMレビュー »)
Wilko Johnson & Roger Daltrey
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Farewell to Eirinn
Farewell to Eirinn (JUGEMレビュー »)
Dolores Keane & John Faulk
RECOMMEND
RECOMMEND
Wood Wilson Carthy
Wood Wilson Carthy (JUGEMレビュー »)
Chris Wood,Roger Wilson,Martin Carthy
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
4
4 (JUGEMレビュー »)
Jamie Mcmenemy
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
アメリカーナ
アメリカーナ (JUGEMレビュー »)
ニール・ヤング・ウィズ・クレイジー・ホース
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Chimes of Freedom: Songs of Bob Dylan
Chimes of Freedom: Songs of Bob Dylan (JUGEMレビュー »)
Chimes of Freedom: Songs of Bob Dylan
RECOMMEND
Promenade
Promenade (JUGEMレビュー »)
Kevin Burke & Micheal O'Domhnaill
RECOMMEND
RECOMMEND
リージ・アンド・リーフ+2
リージ・アンド・リーフ+2 (JUGEMレビュー »)
フェアポート・コンヴェンション
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

OFFICE NOTE

【オフィス・ノート】
北の社労士が思いを馳せる徒然ノート
<< まちかど大学終了。 | main | 明けましておめでとうございます。 >>
今年のアルバム
 今年もいよいよ押し迫ってきましたね。そこで毎年恒例(?)の今年よく聴いたアルバムといきましょうか。今年は業績が悪いにもかかわらず忙しい年でした。まあ、会務等に追われた年だったというべきでしょう。とにかく仕事をする時間が少なかったです。休日の午後は殆ど仕事でしたから、音楽を聴く余裕などありませんでした。そんななかでよく聴いたのは、ジャクソン・ブラウンのトリビュートアルバム『LOOKING INTO YOU』です。移動中の車中で聴くことが多かったのですが、聴けば聴くほどジャクソン・ブラウンと同時代に生まれてよかったと思いましたね。まだ現役バリバリで頑張ってくれていますし、つい最近、新作をリリースしたばかりですね。  

 全23曲のうち、私のお気に入りは、Don Henley with Blind Pilot「These Days」、Lucinda Williams「The Pretender」、Lyle lovett「Rosie」、JD Souther「My opening Farewell」あたりでしょうか。特にLyle Lovettには惹かれましたね。以前から名前は知っていましたが、あまり聴く機会はなかったように思います。女優のジュリア・ロバーツと結婚していたことがあるそうですよ。日本ではいまいち知名度が低いのでしょうが、アメリカではシンガーとして、キャリア・人気は結構なものがあるようです。  

 その他、印象に残ったアルバムとしては、アイリッシュ・グループ、クラン(CRAN)が久しぶりに発表した『DALLY and STRAY』、カーラ・ディロン『A THOUSAND HEARTS』、リチャード・トンプソン『ACOUSTIC CLASSICS』、ニール・ヤング『A LETTER HOME』といったものがあります。  

 ライル・ロベット(Lyle Lovett)が大好きなタウン・ヴァン・ザントの曲をカバーしています。まず1曲目は、「IF I NEEDED YOU」です。  

そして次は、「Flyin’ Shoes」。どちらの曲も心に迫るよい曲ですね。
| トラッド | 17:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 17:15 | - | - |









http://officenote.jugem.jp/trackback/681