CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Penny's Farm
Penny's Farm (JUGEMレビュー »)
Jim Kweskin,Geoff Muldaur
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
アンハーフブリッキング+2
アンハーフブリッキング+2 (JUGEMレビュー »)
フェアポート・コンヴェンション
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Going Back Home
Going Back Home (JUGEMレビュー »)
Wilko Johnson & Roger Daltrey
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Farewell to Eirinn
Farewell to Eirinn (JUGEMレビュー »)
Dolores Keane & John Faulk
RECOMMEND
RECOMMEND
Wood Wilson Carthy
Wood Wilson Carthy (JUGEMレビュー »)
Chris Wood,Roger Wilson,Martin Carthy
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
4
4 (JUGEMレビュー »)
Jamie Mcmenemy
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
アメリカーナ
アメリカーナ (JUGEMレビュー »)
ニール・ヤング・ウィズ・クレイジー・ホース
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Chimes of Freedom: Songs of Bob Dylan
Chimes of Freedom: Songs of Bob Dylan (JUGEMレビュー »)
Chimes of Freedom: Songs of Bob Dylan
RECOMMEND
Promenade
Promenade (JUGEMレビュー »)
Kevin Burke & Micheal O'Domhnaill
RECOMMEND
RECOMMEND
リージ・アンド・リーフ+2
リージ・アンド・リーフ+2 (JUGEMレビュー »)
フェアポート・コンヴェンション
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

OFFICE NOTE

【オフィス・ノート】
北の社労士が思いを馳せる徒然ノート
<< 完全オフ | main | 病室から >>
調査結果
「社労士のニーズに関する調査結果にかかる具現化検討特別委員会報告書」を読む。この調査は平成26年11月、全国25,000社の企業を対象に実施され、報告書は、6,921社から回答を得たデータに基づいて作成されたものです。昨年の11月に概略版が発表され、既に目を通していたものですが、詳細版を合わせて読んでみると、今後の社労士会及び個々の社労士の進むべき道筋が見えてきます。  

 まず、企業における人事・労務面での課題は、ゝ畤諭採用後の育成、雇用の多様化への対応、D其癲η金制度、た融制度設計、ザ軌薹盈、他となっています。まあ、昨今の少子高齢化に伴う採用難が反映しているのでしょうが、企業にとって、人材の採用・確保・育成が喫緊の課題となっていることが読み取れますね。人事制度等、こういった課題への取り組み策として、従来は、中堅規模以上の企業が為すべきものといった風潮があったようですが、現在では従業員数20人〜30人程度の企業でも導入を図ろうとするところが増えてきているように思われます。当事務所でも釧根地区で酪農を営む法人から業務依頼を受け、来月からコンサルを始めることになっています。今後は、「職場定着支援助成金」等を活用した人事制度構築に取り組む企業が増えることが予想されます。  

 また、企業が社労士に期待することとしては、〆膿靴遼\度や法改正の知識、⊃融労務で判断の難しい事案への専門家としての明快な助言、E確な問題解決能力・コンサルティング力、に富な事例経験に基づくアドバイス、サし擇冒蠱未任る雰囲気・対応、等が挙げられています。この辺りのことは、社労士としての日々の研鑽の程度によるでしょうね。キーワードは、「明快な」「的確な」「豊富な」「気軽に」といったところでしょうか。特に新人の社労士さんは、同業者の勉強会等に極力参加する機会を見つけ、先輩・同僚から教えられた事例を疑似体験することから始めることでしょうね。ただ知識さえあれば顧客が向こうからやってくるなどとは努々思いなさるな。  

 曲は、「時の流れを誰が知る(WHO KNOWS WHERE THE TIME GOES)」です。演奏はフェアポート・コンヴェンション。歌っているのは、この曲の作者でもあるサンディ・デニーですね。彼女の代表曲でしょう。フェアポート・コンヴェンション3枚目のアルバム「アンハーフブリッキング(UNHALFBRICKING)」(1969)に収録されています。
| 仕事 | 19:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 19:28 | - | - |









http://officenote.jugem.jp/trackback/725