CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
Guy
Guy (JUGEMレビュー »)
Steve Earle & the Dukes
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
アメリカン・パイ(紙ジャケット仕様)
アメリカン・パイ(紙ジャケット仕様) (JUGEMレビュー »)
ドン・マクリーン,ドン・マクリーン
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Penny's Farm
Penny's Farm (JUGEMレビュー »)
Jim Kweskin,Geoff Muldaur
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
アンハーフブリッキング+2
アンハーフブリッキング+2 (JUGEMレビュー »)
フェアポート・コンヴェンション
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Going Back Home
Going Back Home (JUGEMレビュー »)
Wilko Johnson & Roger Daltrey
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Farewell to Eirinn
Farewell to Eirinn (JUGEMレビュー »)
Dolores Keane & John Faulk
RECOMMEND
RECOMMEND
Wood Wilson Carthy
Wood Wilson Carthy (JUGEMレビュー »)
Chris Wood,Roger Wilson,Martin Carthy
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
4
4 (JUGEMレビュー »)
Jamie Mcmenemy
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
アメリカーナ
アメリカーナ (JUGEMレビュー »)
ニール・ヤング・ウィズ・クレイジー・ホース
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Chimes of Freedom: Songs of Bob Dylan
Chimes of Freedom: Songs of Bob Dylan (JUGEMレビュー »)
Chimes of Freedom: Songs of Bob Dylan
RECOMMEND
Promenade
Promenade (JUGEMレビュー »)
Kevin Burke & Micheal O'Domhnaill
RECOMMEND
RECOMMEND
リージ・アンド・リーフ+2
リージ・アンド・リーフ+2 (JUGEMレビュー »)
フェアポート・コンヴェンション
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

OFFICE NOTE

【オフィス・ノート】
北の社労士が思いを馳せる徒然ノート
<< 病室から | main | そろそろ仕事だ! >>
退院したのですが・・・
 この土・日は事務所で仕事。一週間ほど入院していたので仕事が溜まり、クライアントとの当初の約束を守らねばならないため、やるしかないのです。今週も会議等の予定がぎっしり詰まっており、その合間を縫って、とにかく就業規則の見直しを3件分やりきるつもりです。    

 で、その後、延期した人事制度構築セミナーを5月のGW明けに実施することになるので、その準備もしなければならないのですよ。まあ、今年の花見酒は、私には無縁ということで、休み中もひたすら仕事に打ち込むことになりそうです。やれやれ・・・。  

 曲は、ボニー・レイトとジャクソン・ブラウンによる「マイ・オープニング・フェアウェル(MY OPENING FAREWELL)」ですね。作者は、もちろんジャクソン・ブラウン。二人ともいわゆる団塊の世代ですが、この曲を聴くたびに、切なさに胸が引き裂かれる思いをしている団塊世代の男は多いでしょうね。「しかし、私は突然気付いたのだった/彼女にはわかりえないものを/わからせようとしていた自分に/そして、彼女に捧げたはずの優しい言葉は/私の所へと戻ってきた」「汽車は毎日行き交い/外には世界が待っている/だから道も開けるはずさ/そして私は/これが自分の初めての別れになると/すぐに信じられるだろう」(山本さゆり:対訳)。この曲は、ジャクソン・ブラウンのデビュー・アルバム『ジャクソン・ブラウン・ファースト(JACKSON BROWNE)』に収録されています。また、2014年に発表されたトリビュート・アルバムでは、JDサウザーがこの曲を採りあげていましたっけ。
| 仕事 | 19:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 19:07 | - | - |









トラックバック機能は終了しました。