CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Penny's Farm
Penny's Farm (JUGEMレビュー »)
Jim Kweskin,Geoff Muldaur
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
アンハーフブリッキング+2
アンハーフブリッキング+2 (JUGEMレビュー »)
フェアポート・コンヴェンション
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Going Back Home
Going Back Home (JUGEMレビュー »)
Wilko Johnson & Roger Daltrey
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Farewell to Eirinn
Farewell to Eirinn (JUGEMレビュー »)
Dolores Keane & John Faulk
RECOMMEND
RECOMMEND
Wood Wilson Carthy
Wood Wilson Carthy (JUGEMレビュー »)
Chris Wood,Roger Wilson,Martin Carthy
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
4
4 (JUGEMレビュー »)
Jamie Mcmenemy
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
アメリカーナ
アメリカーナ (JUGEMレビュー »)
ニール・ヤング・ウィズ・クレイジー・ホース
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Chimes of Freedom: Songs of Bob Dylan
Chimes of Freedom: Songs of Bob Dylan (JUGEMレビュー »)
Chimes of Freedom: Songs of Bob Dylan
RECOMMEND
Promenade
Promenade (JUGEMレビュー »)
Kevin Burke & Micheal O'Domhnaill
RECOMMEND
RECOMMEND
リージ・アンド・リーフ+2
リージ・アンド・リーフ+2 (JUGEMレビュー »)
フェアポート・コンヴェンション
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

OFFICE NOTE

【オフィス・ノート】
北の社労士が思いを馳せる徒然ノート
<< 梅が咲いた。 | main | 支部総会終了! >>
映画監督

 連休前から忙しい仕事の合間を縫って読み続けていた『映画監督 小林正樹』(岩波書店)が終わりに近づいてきました。600頁を超える本を読むのは滅多にないことですが、読み進めるに連れて偉大な先輩の同窓であることを誇りに思うようになりました。小林監督は、平成8年(1996年)10月に80歳で亡くなっていますが、小樽生まれ(大正5年、私の父と同じでした。)で旧制小樽中学(現小樽潮陵高校)を卒業されており、私の34期先輩に当たります。

 

 小林監督作品といえば、「人間の条件」(6部作:昭和34年・昭和36年)や「切腹」(昭和37年)があまりにも有名ですが、他に「怪談」や「東京裁判」などの佳作があります。私は、何故か当時、小学生だったにもかかわらず「人間の条件」をリアルタイムで観ています。きっと両親に連れられて観たのでしょうが、どうして両親がチャンバラ映画ではなく、このような社会派的な戦争映画を私にみせたのか、未だによくわかりません。きっと、両親なりに考えるところがあってのことだとは思いますが。  

 

 それと印象深いのはドキュメンタリー映画「東京裁判」(1983年)ですね。この映画の封切り当時、まだ結婚する前のカミさんとH映画館の支配人とで、一日だけの上映会を開いたことがありました。一生懸命宣伝したにもかかわらず、当日の観客は我々3人を含めて7・8人程。これにはガッカリしましたね。支配人には迷惑をかけるし、どうしてこの映画の重要さを分かってくれないのか、若いながらも失望した記憶があります。まあ、4時間半を超える長編ドキュメンタリーでしたし、観ていて興味深くはあっても決して楽しい映画ではなかったでしょうから、観客が集まらなかったのも無理はないかとは思うのですがね。ただ、個人的にはこの映画をきっかけに、日本の近現代史に関する本をそれまで以上によく読むようになったので、よかったと思っています。  

 

 現在、小林正樹監督は、内外の高い評価にも関わらず、忘れ去られようとしているように思われます。おそらく若い映画ファンでも彼の作品を観ている人は少ないでしょう。近所のTSUTAYAで借りられるのは「切腹」くらいでしょうか。もちろん、DVDでは大方の作品を入手することは出来ますが、気軽に彼の作品を観られる環境ではありません。そのような状況下において、今回、岩波書店がこの本を上梓されたことは快挙といってよいのではないでしょうか。この本の刊行をきっかけに、もっと若い人たちに小林監督の映画を観て欲しいものですね。  

 

 小林正樹監督の代表作は「切腹」でしょうか。

| 趣味 | 14:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 14:23 | - | - |









http://officenote.jugem.jp/trackback/761