CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
アメリカン・パイ(紙ジャケット仕様)
アメリカン・パイ(紙ジャケット仕様) (JUGEMレビュー »)
ドン・マクリーン,ドン・マクリーン
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Penny's Farm
Penny's Farm (JUGEMレビュー »)
Jim Kweskin,Geoff Muldaur
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
アンハーフブリッキング+2
アンハーフブリッキング+2 (JUGEMレビュー »)
フェアポート・コンヴェンション
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Going Back Home
Going Back Home (JUGEMレビュー »)
Wilko Johnson & Roger Daltrey
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Farewell to Eirinn
Farewell to Eirinn (JUGEMレビュー »)
Dolores Keane & John Faulk
RECOMMEND
RECOMMEND
Wood Wilson Carthy
Wood Wilson Carthy (JUGEMレビュー »)
Chris Wood,Roger Wilson,Martin Carthy
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
4
4 (JUGEMレビュー »)
Jamie Mcmenemy
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
アメリカーナ
アメリカーナ (JUGEMレビュー »)
ニール・ヤング・ウィズ・クレイジー・ホース
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Chimes of Freedom: Songs of Bob Dylan
Chimes of Freedom: Songs of Bob Dylan (JUGEMレビュー »)
Chimes of Freedom: Songs of Bob Dylan
RECOMMEND
Promenade
Promenade (JUGEMレビュー »)
Kevin Burke & Micheal O'Domhnaill
RECOMMEND
RECOMMEND
リージ・アンド・リーフ+2
リージ・アンド・リーフ+2 (JUGEMレビュー »)
フェアポート・コンヴェンション
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

OFFICE NOTE

【オフィス・ノート】
北の社労士が思いを馳せる徒然ノート
<< やれやれなのです。 | main | ぐずぐずしてます。 >>
寒かった!

 昨日、第3回「ケルト音楽を聴く会」を無事終えることができました。といって、別に堅苦しい会ではないので、気の向くままにケルト音楽を紹介し続けたということです。今回は、スコットランド特集でしたが、アイリッシュ・ミュージックに比べると情報量が乏しく、歌詞カードがついていなかったり、ついていてもゲール語表記だったりして、結構お話しするのは難儀しましたね。スコッチ・ウィスキーの解説書はいっぱい出ているのに、スコティッシュ・ミュージックの解説書は殆どないといっていいでしょう。せいぜいが、アイリッシュ・ミュージックの添え物といった感じで紹介されるが現状ですね。  

 

 そんなわけで、スコティッシュ・ミュージックだけでは間が持たないので、今回は間に2018年の私のお気に入りアルバム紹介ということで、ドニー・フリッツ、ライ・クーダー、シェルビー・リン、ジャッキー・オーツといったミュージシャンの曲を紹介しました。その後、午後6時から高校の同級仲良しグループの新年会に参加するため、小樽運河沿いにある小樽ビールNO1倉庫へ。ビールも料理も美味しかったのですが、天井の高い倉庫内は寒く、オーバーコートを着て飲食することに。これはたまらんわということで、参加者一同、早々に倉庫を離れ、小樽駅そばの「きらく」でおでんと熱燗で身体を温め、やっと落ち着いた状態になりましたね。あとは飲みながら、今年予定している「いいふり古希」(いいふりこき=北海道弁で「見栄っ張り」「格好つけ」といった意味があります)ツアーで鬼怒川温泉行きの相談など、楽しいときを過ごすことができました。明日から東京出張です。仲間から大いに元気をもらうことができましたの、この気持ちを維持しながら行ってきたいと思います。  

 

 曲は、昨日紹介することができなかった、スコットランドのベテラン・シンガー、アーチー・フィッシャー(Archie Fisher)による「The Broom A’ The Cowdenknowes」です。17世紀から伝わる曲だそうで、ヴァージョンは、スコットランドとイングランド両方があり、彼が歌うのは、イングランドのようです。名盤の誉れ高い『Will Ye Gang, love』(1976)にこの曲は収録されています。

| 趣味 | 10:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 10:35 | - | - |









http://officenote.jugem.jp/trackback/847