CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Penny's Farm
Penny's Farm (JUGEMレビュー »)
Jim Kweskin,Geoff Muldaur
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
アンハーフブリッキング+2
アンハーフブリッキング+2 (JUGEMレビュー »)
フェアポート・コンヴェンション
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Going Back Home
Going Back Home (JUGEMレビュー »)
Wilko Johnson & Roger Daltrey
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Farewell to Eirinn
Farewell to Eirinn (JUGEMレビュー »)
Dolores Keane & John Faulk
RECOMMEND
RECOMMEND
Wood Wilson Carthy
Wood Wilson Carthy (JUGEMレビュー »)
Chris Wood,Roger Wilson,Martin Carthy
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
4
4 (JUGEMレビュー »)
Jamie Mcmenemy
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
アメリカーナ
アメリカーナ (JUGEMレビュー »)
ニール・ヤング・ウィズ・クレイジー・ホース
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Chimes of Freedom: Songs of Bob Dylan
Chimes of Freedom: Songs of Bob Dylan (JUGEMレビュー »)
Chimes of Freedom: Songs of Bob Dylan
RECOMMEND
Promenade
Promenade (JUGEMレビュー »)
Kevin Burke & Micheal O'Domhnaill
RECOMMEND
RECOMMEND
リージ・アンド・リーフ+2
リージ・アンド・リーフ+2 (JUGEMレビュー »)
フェアポート・コンヴェンション
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

OFFICE NOTE

【オフィス・ノート】
北の社労士が思いを馳せる徒然ノート
<< やれやれなのです。 | main | ぐずぐずしてます。 >>
寒かった!

 昨日、第3回「ケルト音楽を聴く会」を無事終えることができました。といって、別に堅苦しい会ではないので、気の向くままにケルト音楽を紹介し続けたということです。今回は、スコットランド特集でしたが、アイリッシュ・ミュージックに比べると情報量が乏しく、歌詞カードがついていなかったり、ついていてもゲール語表記だったりして、結構お話しするのは難儀しましたね。スコッチ・ウィスキーの解説書はいっぱい出ているのに、スコティッシュ・ミュージックの解説書は殆どないといっていいでしょう。せいぜいが、アイリッシュ・ミュージックの添え物といった感じで紹介されるが現状ですね。  

 

 そんなわけで、スコティッシュ・ミュージックだけでは間が持たないので、今回は間に2018年の私のお気に入りアルバム紹介ということで、ドニー・フリッツ、ライ・クーダー、シェルビー・リン、ジャッキー・オーツといったミュージシャンの曲を紹介しました。その後、午後6時から高校の同級仲良しグループの新年会に参加するため、小樽運河沿いにある小樽ビールNO1倉庫へ。ビールも料理も美味しかったのですが、天井の高い倉庫内は寒く、オーバーコートを着て飲食することに。これはたまらんわということで、参加者一同、早々に倉庫を離れ、小樽駅そばの「きらく」でおでんと熱燗で身体を温め、やっと落ち着いた状態になりましたね。あとは飲みながら、今年予定している「いいふり古希」(いいふりこき=北海道弁で「見栄っ張り」「格好つけ」といった意味があります)ツアーで鬼怒川温泉行きの相談など、楽しいときを過ごすことができました。明日から東京出張です。仲間から大いに元気をもらうことができましたの、この気持ちを維持しながら行ってきたいと思います。  

 

 曲は、昨日紹介することができなかった、スコットランドのベテラン・シンガー、アーチー・フィッシャー(Archie Fisher)による「The Broom A’ The Cowdenknowes」です。17世紀から伝わる曲だそうで、ヴァージョンは、スコットランドとイングランド両方があり、彼が歌うのは、イングランドのようです。名盤の誉れ高い『Will Ye Gang, love』(1976)にこの曲は収録されています。

| 趣味 | 10:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 10:35 | - | - |









http://officenote.jugem.jp/trackback/847