CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Penny's Farm
Penny's Farm (JUGEMレビュー »)
Jim Kweskin,Geoff Muldaur
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
アンハーフブリッキング+2
アンハーフブリッキング+2 (JUGEMレビュー »)
フェアポート・コンヴェンション
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Going Back Home
Going Back Home (JUGEMレビュー »)
Wilko Johnson & Roger Daltrey
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Farewell to Eirinn
Farewell to Eirinn (JUGEMレビュー »)
Dolores Keane & John Faulk
RECOMMEND
RECOMMEND
Wood Wilson Carthy
Wood Wilson Carthy (JUGEMレビュー »)
Chris Wood,Roger Wilson,Martin Carthy
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
4
4 (JUGEMレビュー »)
Jamie Mcmenemy
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
アメリカーナ
アメリカーナ (JUGEMレビュー »)
ニール・ヤング・ウィズ・クレイジー・ホース
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Chimes of Freedom: Songs of Bob Dylan
Chimes of Freedom: Songs of Bob Dylan (JUGEMレビュー »)
Chimes of Freedom: Songs of Bob Dylan
RECOMMEND
Promenade
Promenade (JUGEMレビュー »)
Kevin Burke & Micheal O'Domhnaill
RECOMMEND
RECOMMEND
リージ・アンド・リーフ+2
リージ・アンド・リーフ+2 (JUGEMレビュー »)
フェアポート・コンヴェンション
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

OFFICE NOTE

【オフィス・ノート】
北の社労士が思いを馳せる徒然ノート
<< スペイン行き・7 | main | やっぱり仕事。だけど・・・ >>
頑張れ!

 7月から所属するロータリークラブの会長を務め始めました。2年前に会長の要請を受けたときには、それまで2・3回断り続けてきたものですから、さすがに引き受けざるを得なくなっており、承諾しました。そのため、社労士会や成年後見センターの理事を退任し、身辺整理をして身軽になり、ロータリーの会長職に力を注ぎたいと思っておりました。しかし、予想を遥かに超える事態が起こってしまったのですね。一つは、「働き方改革」で業務多忙に陥ってしまったこと。一つは、農業に関するNPOが徐々に認知度を高め、仕事のオファーが来るようになったこと。嬉しい誤算というほどではないのですが、これらによってロータリークラブの会長職が重荷になってしまったことは否めません。でも、引き受けたからには、全力で突っ走るしかなく、何とかこの1年を乗り越えていきたいと思います。  

 

 ところで、先月6月28日は東京に行き、全国社会保険労務士政治連盟の定期大会に代議員として出席し、午後からは、全国社会保険労務士会連合会の定時総会を傍聴しました。今回の役員改選で、連合会の会長には古くからの友人である大野実氏が選任され、大変嬉しく思っています。しかし、大野会長がこれから取り組まねばならない課題は重いものばかりで、素直におめでとうと言う気にはなれませんね。それでも、敢えて苦難の道を選んだ大野会長の決断力に敬意を表したいと思います。彼ならば本気で取り組んでくれることでしょう。私も本当に微力ですが、協力できることがあればしていきたいと思っております。  

 

 アイルランドのカラン・ケーシーとジョン・ドイルによる「The False Lady」です。二人は、アイリッシュ・アメリカン・グループであるソーラスの元メンバーですが、ぴったりと息が合っていますね。この曲は、アルバム『Exiles Return』(2010)に収録されています。このアルバムのプロデュースはアメリカのオールドタイム・ミュージック界の鬼才ダーク・パウエルです。ベースプレイヤーとしても参加していますが、彼のプロデュースしたアルバムはどれも好きですね。

| 仕事 | 22:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:15 | - | - |









http://officenote.jugem.jp/trackback/863