CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Penny's Farm
Penny's Farm (JUGEMレビュー »)
Jim Kweskin,Geoff Muldaur
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
アンハーフブリッキング+2
アンハーフブリッキング+2 (JUGEMレビュー »)
フェアポート・コンヴェンション
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Going Back Home
Going Back Home (JUGEMレビュー »)
Wilko Johnson & Roger Daltrey
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Farewell to Eirinn
Farewell to Eirinn (JUGEMレビュー »)
Dolores Keane & John Faulk
RECOMMEND
RECOMMEND
Wood Wilson Carthy
Wood Wilson Carthy (JUGEMレビュー »)
Chris Wood,Roger Wilson,Martin Carthy
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
4
4 (JUGEMレビュー »)
Jamie Mcmenemy
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
アメリカーナ
アメリカーナ (JUGEMレビュー »)
ニール・ヤング・ウィズ・クレイジー・ホース
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Chimes of Freedom: Songs of Bob Dylan
Chimes of Freedom: Songs of Bob Dylan (JUGEMレビュー »)
Chimes of Freedom: Songs of Bob Dylan
RECOMMEND
Promenade
Promenade (JUGEMレビュー »)
Kevin Burke & Micheal O'Domhnaill
RECOMMEND
RECOMMEND
リージ・アンド・リーフ+2
リージ・アンド・リーフ+2 (JUGEMレビュー »)
フェアポート・コンヴェンション
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

OFFICE NOTE

【オフィス・ノート】
北の社労士が思いを馳せる徒然ノート
<< 会津から佐渡へ:その1 | main | 秋の気配が・・・ >>
会津から佐渡へ:その2

 鶴ヶ城見学の後は、レンタカーで一路新潟へ。、お城巡りに時間をかけ過ぎたせいか、到着が遅れてしまい、新潟発11時30分の佐渡両津港行きのジェットフォイル船にギリギリ間にあったので、ひと安心しました。乗船後は、昨日、大内宿のおそば屋さんからいただいた小豆の赤飯と新潟の笹かまぼこをツマミにして昼ビールとなりました。ほろ酔い加減で友人たちと話しているうちに佐渡へ到着。ジェットフォイルだと1時間ほどで両津港に着き、その早さにびっくりしましたが、片道6,000円くらいするので、ちと高いかも。両津港についてからは、タクシーをチャーターし、さっそく島内観光地巡りとなりました。佐渡に着く前は、小さな島だろうと思っていたのですが、タクシーの運転手さんによると、島の周囲を一周すると280キロメートルもあるそうで、その広さに驚きました。  

 

 佐渡といえば金山です。ユネスコ世界文化遺産候補になっており、その決定が待たれます。金山のてっぺんからV字の割れ目が入っている「道遊の割戸」(江戸初期の露頭手掘り跡)を眺めてみると、仕事とはいえ、よくぞ掘ったものだと思いましたが、実際に江戸時代に掘られた「宗太夫坑」の中に入ってみると、そんな生易しい作業ではなかったことがひしひしと感じられました。閉所恐怖症ぎみの私にはとてもできません。坑夫は、狭く暗い坑道のなかで魚油を燃やした灯りを頼りにして作業を進めたところから、大量の油煙を吸うことになり、3・4年で亡くなる人が多かったといいます。生きるためとはいえ、どのような気持ちでこのような職に就いたのか、想像するに少々辛いものがあります。  

 

 その他、金山の近くにある選鉱場跡やトキの森公園、酒蔵などを訪問し、楽しいときを過ごすことができました。ただ、タクシーの運転手さんによると、観光客が減少の一途をたどっており、一時は年間100万人だったのが、いまでは30万人になっており、結構危機感を募らせているようでした。食や観光資産はいっぱいあるのに、どうして観光客が減り続けるのか、不思議な感じがしました。リピーターを増やしていく努力が足りないのかもしれません。街の商店街・飲食街も寂れているようですし、抜本的な対策を講じないと観光客数を回復させることは難しいでしょう。飛行場も閉鎖されているようですし、島へのアクセスが限られており、なおかつ、船賃が高めなのは問題でしょう。それと、何よりも観光資産を活かし切れていないように感じました。選鉱場跡地ではコンサートも開かれているようですが、このような場所を見ると、ピンク・フロイドのポンペイ遺跡でのライブが思い起こされましたね。  

 

 曲は、ケリー・ハント(KELLY HUNT)が歌う「Across the Great Divide」です。アメリカのカンサスシティを拠点に活動するSSWだそうですが、初期のボブ・ディランを彷佛とさせる曲と歌声です。

| 日常 | 17:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 17:33 | - | - |









http://officenote.jugem.jp/trackback/870