CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
アメリカン・パイ(紙ジャケット仕様)
アメリカン・パイ(紙ジャケット仕様) (JUGEMレビュー »)
ドン・マクリーン,ドン・マクリーン
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Penny's Farm
Penny's Farm (JUGEMレビュー »)
Jim Kweskin,Geoff Muldaur
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
アンハーフブリッキング+2
アンハーフブリッキング+2 (JUGEMレビュー »)
フェアポート・コンヴェンション
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Going Back Home
Going Back Home (JUGEMレビュー »)
Wilko Johnson & Roger Daltrey
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Farewell to Eirinn
Farewell to Eirinn (JUGEMレビュー »)
Dolores Keane & John Faulk
RECOMMEND
RECOMMEND
Wood Wilson Carthy
Wood Wilson Carthy (JUGEMレビュー »)
Chris Wood,Roger Wilson,Martin Carthy
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
4
4 (JUGEMレビュー »)
Jamie Mcmenemy
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
アメリカーナ
アメリカーナ (JUGEMレビュー »)
ニール・ヤング・ウィズ・クレイジー・ホース
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Chimes of Freedom: Songs of Bob Dylan
Chimes of Freedom: Songs of Bob Dylan (JUGEMレビュー »)
Chimes of Freedom: Songs of Bob Dylan
RECOMMEND
Promenade
Promenade (JUGEMレビュー »)
Kevin Burke & Micheal O'Domhnaill
RECOMMEND
RECOMMEND
リージ・アンド・リーフ+2
リージ・アンド・リーフ+2 (JUGEMレビュー »)
フェアポート・コンヴェンション
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

OFFICE NOTE

【オフィス・ノート】
北の社労士が思いを馳せる徒然ノート
<< 薄日が射してきたような・・・ | main | 困ったなぁ >>
仙台行き

 昨晩遅く仙台から帰ってきました。そんなわけで、今日は午前中、家でゆっくり休み、午後から事務所に出向き仕事しました。何しろ10月決算なものですから、色々としなければならないことが多いのです。今年は、なるべく早く決算業務を終え、新しい年を迎えたいものです。  

 

 仙台で開催されたSRアップ21全国大会は、過去最高の参加者と充実した大会運営のもと、盛況のうちに終えることができました。受け入れ準備から大会当日の運営まで担っていただいた新田会長を始めとする宮城県会の皆様に深く感謝申し上げます。おかげさまで、事業報告や事業計画は満場一致で承認され、新たな事業も増えるなかで、今後、社労士の職域を如何に確保し増大させていくか、課題の多い大会でしたが、組織として確実に成長していることが実感されたので、先が楽しみです。北海道会としても、プロコン研究会や農業の雇用支援業務等を通じて貢献できたと思いますし、今後はさらに活動の範囲を広めていくつもりです。  

 

 それで、今大会の講演会は、全国社会保険労務士会連合会の大野実会長をお招きし、「デジタル時代と これからの社労士像」といったテーマでお話しをいただきました。デジタル化の現状、「デジタル手続法」による今後の動向、マイナンバーカードの健康保険証利用等々、時代は急激に変化しており、そのことに伴い社労士業務も変化を余儀なくされるでしょう。ただ、私としてはデジタル化には迅速に対応していくものの、それらが全て、同業者との差別化に繋がっていくとは現時点では余り考えてはおりません。事務所として、既に手続業務が減少されるであろうことは織り込み済みであり、課題はポスト手続業務だと思っています。そのための調査・研究を既に始めたところですし、若い仲間や職員も育ってきているので、彼らと議論をしていきながら、そのあたりを探っていきたいと思っているところです。  

 まあ、充実した時間を仙台で送ることができましたので、時間の合間をみつけて、仙台駅近隣の書店巡りをしてきました。最大の見つけものは、磯崎純一著『龍彦親王航海記』(澁澤龍彦伝)でしょうか。500頁近い本ですが、今すぐにでも読みたいです。ただ、これだけ仕事に追いまくられていると、読むのはお正月休みでしょうね。ほかには、雑誌『現代詩手帳』11月号が「瀧口修造、没後40年―実験とは何か」を特集していたのでゲット。さらに、エドマンド・バーク著『(新訳)フランス革命の省察』を書棚から見つけたので、これもゲット。『フランス革命の省察』は、みすず書房版もあるのですが、これもまた分厚い本なので、取り敢えず今回の新書版を読んでから考えることしました。  

 曲はドン・マクリーン(Don McLean)による「エンプティ・チェアズ(Empty Chairs)」です。この曲は、ドンがゴッホの絵画「ファン・ゴッホの椅子」(1888年)にインスパイアされた書いた曲と言われていますが、いまでも人気のある曲です。ドン・マクリーンのデビューアルバム『アメリカン・パイ』(1971)に、同じくゴッホの「星月夜」に影響されて作られた「ヴィンセント」とともに収録されています。ともすれば、このアルバムはかれの代表曲といえる「アメリカン・パイ」ばかりが注目されますが、この2曲も実に良いです。

| 仕事 | 19:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 19:23 | - | - |









http://officenote.jugem.jp/trackback/874