CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Penny's Farm
Penny's Farm (JUGEMレビュー »)
Jim Kweskin,Geoff Muldaur
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
アンハーフブリッキング+2
アンハーフブリッキング+2 (JUGEMレビュー »)
フェアポート・コンヴェンション
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Going Back Home
Going Back Home (JUGEMレビュー »)
Wilko Johnson & Roger Daltrey
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Farewell to Eirinn
Farewell to Eirinn (JUGEMレビュー »)
Dolores Keane & John Faulk
RECOMMEND
RECOMMEND
Wood Wilson Carthy
Wood Wilson Carthy (JUGEMレビュー »)
Chris Wood,Roger Wilson,Martin Carthy
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
4
4 (JUGEMレビュー »)
Jamie Mcmenemy
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
アメリカーナ
アメリカーナ (JUGEMレビュー »)
ニール・ヤング・ウィズ・クレイジー・ホース
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
Chimes of Freedom: Songs of Bob Dylan
Chimes of Freedom: Songs of Bob Dylan (JUGEMレビュー »)
Chimes of Freedom: Songs of Bob Dylan
RECOMMEND
Promenade
Promenade (JUGEMレビュー »)
Kevin Burke & Micheal O'Domhnaill
RECOMMEND
RECOMMEND
リージ・アンド・リーフ+2
リージ・アンド・リーフ+2 (JUGEMレビュー »)
フェアポート・コンヴェンション
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

OFFICE NOTE

【オフィス・ノート】
北の社労士が思いを馳せる徒然ノート
あらまあ・・・

 3連休だからといって休んでばかりもいられません。午前中、事務所へ歩いて行くことにし、小樽駅前を通ったら、あらまあ、人がパラパラで閑散としています。地震前は、休みの日の駅前は観光客でごった返していたものですが、どうしてこうなってしまったのか。そんな駅前で北電の社員がビラ配りをしていました。チラシのタイトルが「ご家庭における節電方法のご紹介」だと。思わず笑っちゃいましたね。「こんな状態に誰がしたんだ!」と突っ込みを入れようと思いましたが、そこは大人の対応で。  

 

 将来的な地震予知情報は常に発信されており、いまさら「万が一の対応まで想定していませんでした」と言われてもなぁ。今後は、「万が一」より「2分の1」くらいの気持ちで地震・停電対策等のリスクヘッジをして欲しいものです。観光関連の被害総額は北海道全体で300億円と言われており、おそらく観光客が戻ってくるまでには相当の期間を要することになるでしょうから、被害額はさらに増えていくことでしょう。酪農業については政府が補償を考えているようですが、他の業界からの反発もあるかもしれず、難しい判断を迫られることになりそうですね。酪農業は今年、冷夏と長雨の影響で牧草の刈り入れ時期が遅れ、それだけも大変な被害なのに、追い討ちをかけるような今回の地震・停電被害ですから、経営上の悪影響は避けられないでしょう。特に、牧草の影響は今年ではなく、来年に及ぼすことになる(先日お会いした酪農家のお話し)ので、その対策は喫緊の経営課題となるでしょうね。なにしろ、人件費より飼料代の方が高い業界ですから心配です。  

 

 曲は、デルマッカリー・バンド&フレンズ(Del McCoury Band&Friends)による「For What It’s Worth」です。1960年代に活躍したバッファロー・スプリングフィールドがヒットさせた曲として有名です。作者は、そのメンバーであったスティーヴン・スティルスですね。この曲は今でも人気のある曲のようで、色々なミュージシャンによってカヴァーされています。

| - | 15:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
滝川RC

 先日の地震による事務所の休業は想定外でしたが、それとは関係なく私の扱っている業務は溜まる一方です。顧問先については、主に3号業務(コンサル業務)を扱い、さらに、セミナーの準備、そのための書籍等の資料調べ(ノート、パワポ活用)等、するべきことが多すぎます。もっとも自ら仕組んだことなので、仕方のないことなのですが。ただ、やりたい仕事なので、苦しいと思ったことはないのです。しかし、興味のある本や映画が現れると、ついそちらの方に気が向いてしまうのですね。

 

 そんな最中でしたが、昨日は、滝川ロータリークラブ創立60周年記念式典・祝賀会に参加してきました。人口4万人の町のロータリークラブで96名の会員がいるというのは驚異的といわなければなりません。ただでさえ会員数を減らしているクラブが多い中で、維持・増強を図っているということなので、是非その方法を学びたいものです。私が所属している小樽南ロータリークラブも次年度に60周年を迎えますので、昨日の参加は非常に参考になりました。滝川ロータリークラブの今後の益々の発展を期待したいものです。  

 

 曲はプレイイング・フォー・チェンジ(Playing For Change)がバディ・ガイ及びソング・アクロス・アメリカと共演した「スキン・ディープ(Skin Deep)」です。プレイイング・フォー・チェンジはロックやソウルのクラッシックを世界中のミュージシャンとコラボする演奏で人気がありますが、この曲では何とってもバディ・ガイが良いです。

| 日常 | 21:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
地震だ!

 久しぶりの地震、でも今回は怖かったです。小樽は震度4でしたが、揺れの体感はそれ以上であったような気がします。それと同時に停電には本当に困りましたね。電気が繋がらないと事務所は暗く、パソコン、電話も使えませんので、仕事になりません。結局、事務所は2日間休業を余儀なくされました。締切り間際の仕事も抱えていたものですから、結構焦りました。  

 

 まあ、今回の停電は北海道電力による人災の可能性が高いでしょうね。新聞各社の論評などを読むと、一つの発電所に依存していたことの弊害が顕在化した等々の指摘がなされています。私の事務所自体の経済的損失は大したことはありませんでしたが、経済機能を麻痺させた北電の責任は重大ですぞ。当事務所の顧問先である別海町の牧場では、経産牛が500頭程いるはずですから、おそらくかなりの量の生乳を廃棄しているでしょう。今後の経営への影響が懸念されます。  

 

 今回の地震で役に立ったのは、20年以上前に買ったキャンプ用品の数々でした。特に、ランプ類がそのまま使えたというのは本当に助かりました。いや、電池というのは20年以上経っても使えるのですね。今回の経験を活かし、我が家の危機管理のレベルをもう少し上げておきたいと思いましたね。  

 

 日本の音楽は殆ど聴かないのですが、彼らは気になる存在です。曲は、キセルによる「ひとつだけ変えた」です。   

| 日常 | 09:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
設立認証決定

 先週、別海町への出張から戻ってきたところ、札幌市役所より申請中だったNPO法人オルタナティブ・アグリサポート・プロジェクト(AASP)の設立認証決定通知書が届いていました。あとは、2週間以内に法人設立の登記をするだけになりました.今週中には登記をすることになると思うので、来月早々には成立することになるはずです。3月頃から設立の準備をして、やっとここまできたと思うと、感慨深いものがあります。中心になって動いてくれた事務局の皆さんを始め、メンバーに名を連ねていただいた皆さん、そして関係者各位にお礼を申し上げます。  

 

 すでに任意団体として業務を行なっていたところですが、成立後はより積極的に活動していくことになります。当初は、農業経営者を対象とした、経営改善、人事労務管理、マーケティング・デザイン、学生等を対象とした労働法教育、学生や障がい者、元受刑者等に対する就労支援、農福連携等のコーディネイト、農業経営に関する書籍出版、等々が中心となりますが、優先順位をきめながら着実に実行していきたいと思っているところです。昨日の定例打合せ会議では、NPO発会式の日取りを決め、準備に取りかかることになりました。「産・学・士・官」連携ということで、専門職として着実にキャリアを形成されてきたスタッフが集まってきていますので、大いに期待していただきたいと思います。  

 

 曲は、サム・クックが作ったソウル・クラッシク「A Change is Gonna Come」です。歌っているのは、ブライアン・オーエンス、トーマス・オーエンスですね。親子で歌ってますけど、実に熱いです、ソウルフルです。有名な曲ですから色々なミュージシャンがこの曲をカヴァーしていますが、この親子は聴かせます。ソウル・ファンでもよく知られていないミュージシャンだと思いますが、これからは要チェックですね。

| 仕事 | 10:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
秋到来?

 お盆休みも終わり、何かと忙しい時期がやってきました。9月は3回の東京へ行きと滝川ロータリークラブの60周年記念祝賀会に出席のため滝川市へ。10月は中小企業家同友会全道研修会に出席のため帯広へ、さらに11月は、SRアップ21全国大会に出席するため大阪へ行くことになっております。その間、当事務所主催で、顧問先及び中小企業家同友会の会員を対象とした「働き方改革」セミナーを7回シリーズで開催することになっており、準備を進めなければなりません。このセミナーは、当事務所の職員が総出で当たることになっており、勤務社労士や行政書士がそれぞれの担当に分かれ講師を務めることになっております。どのような反響が得られるか分かりませんが、全員で一生懸命努めたいと思います。  

 

 また、11月に開催されるSRアップ21全国大会では、創立25周年を記念してパネルディスカッションを実施することになっており、私もパネラーの一人として発言の機会を与えられております。テーマは「社労士制度制定・施行50周年“その先に見えるもの”〜企業貢献は 収益アップへの道〜」といったものですが、どのような展開になるのか楽しみにしております。私としても、予定調和的な発言をするつもりはありませんので、アグレッシブな議論展開を望むところです。  

 

 ザ・ジェイホークス(THE JAYHAWKS)の新作『寂れたモーテルズとズッと続く道と(BACK ROADS AND ABANDONED MOTELS)』が良いです。久しぶりの新作ですが、ゲーリー・ルーリス(ヴォーカル・ギター)を中心としたメンバーのまとまりが奏功しているのでしょうか。ごきげんな音楽を聴かせてくれますね。曲は、このアルバムから、ゲーリー・ルーリスがジェイコブ・ディランとの共作した「闇の訪れ(Gonna Be a Darkness)」です。このバンドのもう一人の看板であったマーク・オルソンの不参加が気になりますが、ゲーリーさんの歌声は本当に聴かせます。

| 仕事 | 17:39 | comments(0) | trackbacks(0) |